« 日本はヘッジファンドに舐められている | トップページ | 「人権」が泣いている »

2010年8月16日 (月)

民主党には「自由」が無い

と、小泉進次郞氏や川田龍平氏が指摘していますが、ただの言葉遊びではありません。民主党には本当に自由がないのです。

65回目の「終戦の日」である15日は、菅内閣の自粛方針の下、菅直人首相も閣僚17人もその他の政務三役も一人も靖国神社に参拝しない、政府に記録が残る昭和60年以降初めての異例の日となった。「戦没者の鎮魂は国家の基本」(故藤波孝生元官房長官)という大原則は置き去りにされ、靖国参拝に反発する近隣諸国ばかりに迎合した結果だ。この日の靖国は、こうした民主党政権の姿勢や政策に対する懸念や憤りの声で包まれた。(阿比留瑠比)

個人的には戦没者の慰霊は国家の責務と考えていますが。

更に問題なのは、

一方、民主党内で「保守派」とされる野田佳彦財務相はもともと、首相らとは別の意見だった。平成17年10月に出した質問主意書で次のように主張していた。

 「すべての『戦犯』の名誉は法的に回復されている。『A級戦犯』と呼ばれた人たちは戦争犯罪人ではない。戦争犯罪人が合祀されていることを理由に首相の参拝に反対する論理はすでに破綻(はたん)している」

 野田氏は首相談話にも当初反対していたが、これも結局、仙谷氏に押し切られている。党内の保守派の立場の弱さがうかがえる。

このような信条を持つ野田財務相が参拝を許されない、ということです。

今までなら、諸々の事情を考えた上で「首相は参拝しない」、ということは多かったのですが、閣僚個人では本人の信条に応じて参拝する人もいました。

ところが民主党政権では、個人の信条は圧殺されています。

「反対者は許さない」のは、独裁政権です。

靖国参拝を戦前への回帰だという人達がいますが、靖国参拝を「許さない」ことこそ戦前への回帰だと思いませんか?

Banner_13 よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 日本はヘッジファンドに舐められている | トップページ | 「人権」が泣いている »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

「民主党には自由がない」というのと対で、「自由党には民主がない」というのが、その昔に言われてましたね。

今の民主党には、どちらも無いのかもしれません。

投稿: KoZ | 2010年8月30日 (月) 11時42分

民主党の体質は昔からだったのですね。
勉強になりました。

投稿: プー | 2010年8月30日 (月) 13時27分

もともとが自民党の非主流派や、党内抗争に破れた人、旧社会党系で村山政権時代の夢よもう一度という人々の集合体ですからして。
政権奪取が目的で、その先が無いんでしょう。

ちょうど受験生が希望大学合格が目標になってしまってて、入学したら惚けてしまうような感じですかね。

投稿: KoZ | 2010年9月 3日 (金) 11時46分

合格したのでお世話になった人達に恩返しのつもりでは?
という気がします。

「お世話になった人達」というのが実は怖い人達で・・・
と言うオチですが。

投稿: プー | 2010年9月 3日 (金) 12時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/36190432

この記事へのトラックバック一覧です: 民主党には「自由」が無い:

» メンズガードル [メンズガードルdeメタボ解消ブログ]
メンズガードルってもうチェックされましたか?あなたは、ボディラインを気にするというのは、女性だけだと思っていませんか。あなたは、男性用補整下着が最近密かな人気だということを、ご存知ですか?男性が補整下着を着けるのは、もちろん見た目のボディラインを気にするのもありますが、特にメタボリック症候群が流行しだしてきたことが大きな要因だと思います。 男性用の補整下着は、ウエストを気にしている中年の方を中心に利用が増えています。また、若いは男性の間では細身のパンツが流行っていますので、太...... [続きを読む]

受信: 2010年8月18日 (水) 11時49分

« 日本はヘッジファンドに舐められている | トップページ | 「人権」が泣いている »