« 民主党には「自由」が無い | トップページ | この国の最悪のシナリオを回避するには »

2010年8月18日 (水)

「人権」が泣いている

「人権」とは美しい言葉であり概念ですが、これを主張する人間が人権を守っていないのを見聞きするにつれ、自分は「人権」という言葉を眉に唾つけて聞くようになってしまいました。悲しいことと思います。

京都府京田辺市興戸の田辺中で今年春以降、人権教育主任の男性教諭(55)が女子生徒に対し、複数回にわたり「死ね」などと発言し、体罰を加えていたことが、17日分かった。
 田辺中によると、男性教諭はソフトボール部の顧問を務めている。新学期に入ってから6月末までの間、3年生女子部員にクラブ活動中や放課後に複数回にわたり「死ね」などと発言し、握り拳で額をたたいたり足でけるなどした。女子部員は「額がはれた」と訴えているという。
 7月中旬に男性教諭の体罰などへの苦情が学校に寄せられた。校長らが今月、教諭らに聞き取り調査したところ、試合でのミスや態度などについて指導を理由に暴言や体罰をしていたことが判明したという。他の部員に対する体罰の有無について学校側は「調査していない」としている。
 田辺中によると、男性教諭は人権意識の向上や福祉などの指導を担当していた。

体罰には仕方ない部分もあると思うのです。

痛みを伴わないと理解出来ないこともあるので。

しかし、体罰を行ったからには、しっかりフォローし、一方でより愛情を注いであげるのが親なり指導者の責任と考えます。

それを「死ね」とは。

生徒の人格の否定、酷い人権侵害です。

この教師が人権担当というのだから、この教師にとって人権がどのような位置づけにあるか分かるというものです。

その種の人間にとって、「人権」は実現すべき目標ではなく、単なる手段。

味方を利するために都合よく利用するツール。

日本やアメリカの人権侵害には声高に抗議しても、中国や北朝鮮の人権侵害には何も言わない。

そんなダブルスタンダードな人々がいるから、「人権」という言葉が信用を無くすのです。

同様な言葉に、「自由」、「平等」、「平和」、「非核」なんてものがありますが。

どんなに素敵な言葉だって制度だって国家だって、それに関わる人間次第で美しくも醜くもなるという話です。

Banner_13 よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 民主党には「自由」が無い | トップページ | この国の最悪のシナリオを回避するには »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

相変わらず主にディズニーリゾートについてと副題にあるが主に社会風刺又は自分が思う社会論説にしたらどうでしょう

投稿: | 2010年8月18日 (水) 23時19分

相変わらずお客さんの多くはTDR目当てなもので。
需要と供給のギャップってやつです。
羊頭狗肉としては、羊「も」売っているよ、というところです。

投稿: プー | 2010年8月19日 (木) 09時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/36226274

この記事へのトラックバック一覧です: 「人権」が泣いている:

« 民主党には「自由」が無い | トップページ | この国の最悪のシナリオを回避するには »