« クールサービスを気軽に楽しむ | トップページ | 日本はヘッジファンドに舐められている »

2010年8月10日 (火)

菅直人は何がしたかったのか

菅談話にあちこちから批判が噴出しています。当たり前です。保守から見れば韓国に媚びたと映り、韓国側に立てば具体的な話がないのですから。最初からこんな談話など作らなければ良いのに。

まずは談話の内容です。

本年は日韓(韓日)関係にとって大きな節目の年だ。ちょうど100年前の8月、日韓(韓日)併合条約が締結され、以後36年に及ぶ植民地支配が始まった。三・一独立運動などの激しい抵抗にも示されたとおり、政治的・軍事的背景の下、当時の韓国の人々は、その意に反して行われた植民地支配によって、国と文化を奪われ、民族の誇りを深く傷つけられた。

(以下略)

自分としては、日韓基本条約の破棄や賠償の蒸し返しのような無茶な文言が入っていなくて一安心していますが。

しかし、与党内からも批判されています。

北沢防衛相は閣議後の記者会見で、「未来志向の観点でよく練られた談話だ。日本を取り巻く安全保障環境からいっても、日韓の友好関係は極めて重要だ」と述べた。蓮舫行政刷新相は「決して後ろ向きではなく、これからの100年、未来に向けて日韓関係をさらに深め、東アジア共同体の礎にしていくという前向きな話だ」と語った。

 一方、民主党内では「党内調整が不十分だ」と不満も出ている。

 玄葉公務員改革相(民主党政調会長)は閣議後の記者会見で、10日の閣僚懇談会で菅首相に、「与党には様々な意見があり、準備の早い段階で(党側に)詳細な相談があってしかるべきではなかったか」と伝えたことを明らかにした。党執行部の一人は「おわびすればタカ派から批判を浴びるのは分かりきったこと。政権がこんなヘロヘロの時にやる話ではない」と首相の対応に疑問を示した。同党中堅議員も「朝鮮王朝の図書を引き渡すというのは、請求権問題は解決済みという従来の考え方に矛盾するのではないか」と語った。

また、韓国側も不満だそうです。

植民地支配の被害者の補償問題に対する言及もない、言語的修辞にとどまったことが残念だとし、全体的な流れから見ると、韓国と日本間の不信と障壁を乗り越えるには不十分だったとした。

結局、中途半端すぎて内外の多くの勢力から叩かれるだけに終わりました。

菅直人の心中や如何に。

韓国のためにすごいことをしたかったけど、あちこちからの抵抗にあって果たせなかったよ、と残念がっているのでしょうか。

或いは、「菅談話」として歴史に名前を刻めたのを一生の記念に出来て良かったのでしょうか。

いずれにしても生徒会レベルの首相菅直人。早くクビにしたいです。

Banner_13 よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« クールサービスを気軽に楽しむ | トップページ | 日本はヘッジファンドに舐められている »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/36108408

この記事へのトラックバック一覧です: 菅直人は何がしたかったのか:

« クールサービスを気軽に楽しむ | トップページ | 日本はヘッジファンドに舐められている »