« 日本とギリシャは違う | トップページ | 再びボートマッチ »

2010年7月 7日 (水)

「女性」セメンヤで良いのか!?

一個人としては大いに同情に値する事例ですが、果たして事実に基づいて公正な判断が行われたのかどうかは疑問です。何年か経って振り返ったときに、セメンヤ選手にとって良かったと言えるかどうか、心配です。

[ヨハネスブルク(南アフリカ) 6日 ロイター] 国際陸上競技連盟(IAAF)は6日、性別疑惑の渦中にあった陸上世界選手権女子800メートルの金メダリスト、キャスター・セメンヤ選手(南アフリカ、19)に女性として競技に復帰することを認めると発表した。

自分の過去記事も見てやってください。

http://ayoshidamd.cocolog-nifty.com/blog/2009/09/post-8cb0.html

セメンヤ選手は、2009年の陸上の世界選手権の女子800mで圧勝しました。しかしその容貌などから男性であることが疑われて医学的検査を受けました。その結果は、オーストラリア紙によると、アンドロゲン不応症とのことでした。

アンドロゲン不応症とは、精巣を持ちテストステロンを通常の女性より多く分泌するけれど、このホルモンに対する体の反応が通常より弱いために女性に近い外見などとなる疾患です。

もしこれが事実であるならば、生物学的には男性です。

しかし、精密検査の結果は、本人の人権に関わる問題のため、公表されないことになっています。

結局、真実はさておいてセメンヤ選手は「女性として」競技に復帰できることになりました。

だがそれで良いのか!?

彼女自身はそれで良いかも知れないけれど、彼女が競技に出場し続けることで永遠に優勝できない女性選手が何人もいるはずです。

彼女ら、或いは世間が黙っているかどうか。

良い悪いは別として、色々な方面から直接間接的な攻撃を受けてセメンヤ選手が傷つかないかが心配です。

自分としては、一度世界一になったのを花道に引退するのが彼女にとって最良の道ではないかと思います。

ともかくもセメンヤ選手に不幸が起こらないことを祈ります。

Banner_13 よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 日本とギリシャは違う | トップページ | 再びボートマッチ »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/35668842

この記事へのトラックバック一覧です: 「女性」セメンヤで良いのか!?:

« 日本とギリシャは違う | トップページ | 再びボートマッチ »