« 財務省必死だな | トップページ | 宇宙開発が成果主義ではいけない »

2010年6月14日 (月)

小惑星探査機「はやぶさ」に、ありがとう

これこそ日本人の真骨頂という働きを見せ、「世界初」を山ほど打ち立て、昨夜、7年にわたる旅を終えた小惑星探査機「はやぶさ」に感動しました。

おかえり、そしてありがとう--。多くのトラブルを乗り越え日本の小惑星探査機「はやぶさ」が13日深夜、7年にわたる小惑星往復の旅を終えた。その奮闘ぶりは多くの人に感動を与え、どんなときもあきらめないことの大切さを伝えた。はやぶさが帰還するオーストラリアで、管制を担う相模原市で、人々はそのフィナーレに拍手を送った。

知らない人のために、というか昨日まで自分も知りませんでした。

2003年5月に打ち上げられ、イオンエンジンを併用した地球スイングバイに成功、2005年9月には小惑星イトカワに到着、観測、離着陸に成功し、2007年4月、地球に針路をとった。その間、姿勢制御装置の故障や化学エンジンの燃料漏れによる全損、姿勢の乱れ、電池切れ、通信途絶、イオンエンジンの停止など数々のアクシデントに見舞われたが、その大半は想定され、相互バックアップや自動復旧できるよう設計されており、推進剤ガスの放出による姿勢修正や太陽帆の原理による姿勢制御などの機転もあいまって復旧に成功、2010年6月13日午後10時50分、地球帰還を果たした。

まさに満身創痍での帰還でした。関係者の尽力も大いに賞賛に値します。

そしてその成果ですが、数々の受賞と多くの「世界初」をもたらしました。

何より、太陽系の起源に迫ることが出来ます。なにしろ、太陽系が出来てから46億年、地球には色々なことがありすぎて最初の頃のことがよく分かりません。その点、小惑星には大きな変化は無かったはずです。そこの「砂」だけでも解析できれば大きな進歩です。もしかしたら、従来の説の矛盾を発見してしまうかもしれません。

さて、こうなると次はどうする、という話になってきます。今回の不具合を修正した「はやぶさ2」の計画は既にあるようですが、内閣府行政刷新会議のHPの資料のP7の右下、

http://www.cao.go.jp/sasshin/oshirase/pdf/nov17-am-shiryo/3-34.pdf

0.5億円って、何だよ!

宇宙開発は、人類の夢でもありますが、そこで培った技術を民間転用して我々の生活を便利にするという一面もあります。

「成長戦略」を語るなら、ここは絶対にお金を掛けて欲しいところです。

蓮舫は永遠に理解しないかも知れないが、菅直人や鳩山由紀夫なら分かってくれるのではないかと、少しは期待してみます。

Banner_13_2 よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 財務省必死だな | トップページ | 宇宙開発が成果主義ではいけない »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/35252660

この記事へのトラックバック一覧です: 小惑星探査機「はやぶさ」に、ありがとう:

« 財務省必死だな | トップページ | 宇宙開発が成果主義ではいけない »