« 使用前・使用後くらいの変わりよう | トップページ | 連立方程式は虚数解 »

2010年6月10日 (木)

連立方程式って、だれがうまいことを言えと

国民新党にはグッジョブな部分もあるので、与党に止まって欲しい気もしますが、かと言って郵政改革は成立して欲しくない。自分としても難しい問題です。

菅首相は9日午後、首相官邸で、民主党の枝野幹事長、樽床伸二国会対策委員長と対応を協議。郵政改革法案の今国会成立は難しいとして、参院民主党から国民新党に理解を求めていく方針を確認した。「連立方程式なので、一つだけ答えが出れば全部解決する問題ではない」。

これを言ったの菅直人なら、理系らしいウィットです。面白いことを言いますが、協議の結果、「解なし」とか、「時間切れで解けなかった」なんてことにならないでしょうか。

それにしても国民新党、何で連立与党にいるのかよく分からないですね。

郵政改革は、

郵貯限度額引き上げ→国債を大量引き受け→放漫財政を許容→国の借金が更に増大→いつか返せなくなって日本破綻

に繋がるので成立して欲しくないですが、その一方で国民新党は、

外国人参政権他の日本国解体法案に断固反対しています。

しかも自民党と違って連立与党内で反対しているところに重要な意味があります。

郵政改革と外国人参政権。

どちらもこの国をぶっ壊すインパクトのある法案ですが、どちらか一つは通さないといけない、としたら、郵政改革の方がマシでしょう。

日本の財政破綻なら、戦後の焼け野原から復興した日本人なら再び頑張ってくれると思います。

一方で、日本国が中国の一部になってしまったら、チベットやウイグルのように取り返しのつかない事態になります。

難しい問題ですが、色々考えた末には、国民新党には与党に残って欲しいです。

Banner_13_2 よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 使用前・使用後くらいの変わりよう | トップページ | 連立方程式は虚数解 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/35178823

この記事へのトラックバック一覧です: 連立方程式って、だれがうまいことを言えと:

« 使用前・使用後くらいの変わりよう | トップページ | 連立方程式は虚数解 »