« 「仮面高血圧」には本気で警戒を | トップページ | 2011年1月東京ディズニーシーの混雑予想 »

2010年6月29日 (火)

コレステロールの功罪

結構インパクトのある記事ですが、くれぐれも鵜呑みにはしないように。今回のデータは、コレステロールが「体の構成成分である」という一面がクローズアップされた話です。

コレステロール値が高く「高脂血症」と診断された人は、高脂血症ではない人に比べ、脳卒中で入院した際の死亡率が約半分と低かったとの分析結果を大櫛陽一・東海大医学部教授(医療統計学)らがまとめ、28日発表した。日本脳卒中学会の機関誌に論文が掲載された。

(中略)

 日本動脈硬化学会の高脂血症の診断基準は「LDLコレステロールが血液1デシリットル中140ミリグラム以上」など。大櫛教授は「コレステロールは血管の材料になるので、高い方が血管の状態がよかったのだろう」と話している。【高木昭午】

「高脂血症」は、脳卒中のリスクファクターの一つです。高脂血症があれば正常な人より脳卒中になりやすい、というのは確かなことです。

しかし、高脂血症単独では、その危険性はそれほど高くなりません。ここに「高血圧」や「糖尿病」が加わると発症の危険性は飛躍的に上昇します。

おそらく血管が、「血圧」により脆弱化し、「糖」によって目詰まりすることは間違いなく脳血管には悪いのです。

一方でコレステロールは「アテローム性動脈硬化」を起こしますが、むしろコレステロールによる血管修復の方が勝ってしまった結果なのでしょう。

だからといって、脂肪をいくら取っても大丈夫とはなりません。

なぜなら高脂血症は、心筋梗塞の最大のリスクファクターだからです。

脳卒中で助かっても心筋梗塞で死んでしまっては元も子もありません。

何事もバランスです。

でも、人生で必ず1度は死ななくてはならないのだから、選べるとしたら心筋梗塞だな・・・

Banner_13 よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 「仮面高血圧」には本気で警戒を | トップページ | 2011年1月東京ディズニーシーの混雑予想 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/35562547

この記事へのトラックバック一覧です: コレステロールの功罪:

« 「仮面高血圧」には本気で警戒を | トップページ | 2011年1月東京ディズニーシーの混雑予想 »