« 三宅の転倒より国家公務員法改正案の中身 | トップページ | 横峯さくらの言葉はとても重い »

2010年5月16日 (日)

北沢俊美は日本語を知らないのか?

北沢防衛相。鳩山に責任を押しつけて、さらに訳の分からないことを言っています。誰か解読して欲しいです。

北沢俊美防衛相は16日午後、長野市で記者会見し、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設に関する政府の基本方針について「鳩山由紀夫首相の考えで(基地負担を)一部、沖縄にお願いせざるを得ないということを基本に、それをはるかにしのぐ形で負担を全国展開することの大枠を決定するのが、5月末決着の大筋だ」と述べた。 

はるかにしのぐ形

って、何なんだ??

沖縄の基地を全国に移転する、と言うことなのだろうか??

「はるかにしのぐ」

と言っているのだから、基地の総面積などは前より増えるということか。

そりゃ、地政学上最重要な沖縄と同等の役割を本土の基地で果たさせるなら、数倍の規模の基地と戦力が必要になるでしょう。

そうすると、

移転(拡張?)先の自治体の意向は?

恐ろしくお金も掛かりそうなんですが?

アメリカは納得するのか?

現実的に問題を考えろよ。

色々問題はあるけれど、今までは、地政学上最重要な沖縄に米軍基地を集約し、代わりに沖縄にたくさんお金を上げて、そこそこうまく行っていたのです。

それを新政権が混ぜっ返して収集が付かなくなってしまったのです。

「県外ありき」を達成するために軍事的にも経済的にも膨大な負担を生じるようでは、政治家として三流以下です。

Banner_13 よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 三宅の転倒より国家公務員法改正案の中身 | トップページ | 横峯さくらの言葉はとても重い »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/34727259

この記事へのトラックバック一覧です: 北沢俊美は日本語を知らないのか?:

« 三宅の転倒より国家公務員法改正案の中身 | トップページ | 横峯さくらの言葉はとても重い »