« B型肝炎救済は、現実的には不可能 | トップページ | 北沢俊美は日本語を知らないのか? »

2010年5月15日 (土)

三宅の転倒より国家公務員法改正案の中身

三宅雪子議員の転倒はとんだ目眩ましです。国家公務員法改正の中身こそ大事なのに、マスコミはこれを報じません。

三宅議員転倒のスロービデオがあったので貼っておきます。削除されてしまうかもですが。

http://www.youtube.com/watch?v=wH9_7SzAoWI

どう見ても甘利議員のせいではありません。

甘利議員が初鹿議員を押したのは間違いありませんが、その初鹿議員のよろけ方と三宅議員の転倒は全く無関係です。

むしろ懲罰動議の審議で真実を白日の下に曝してもらいたいくらいです。

しかし問題はそんなことではありません。なぜ委員会がこれほどまでに混乱したのかです。

今回の国家公務員法改正の中身が恐ろしいからです。

内容はこちらですが、

要するに、時の内閣の都合の良い人物を国家公務員の幹部に登用できるということです。

しかも国籍条項がありません

行政が恐ろしく民主党の恣意により運営されるのです。

ブレーキの効かない民主党独裁が絶賛進行中です!!

そりゃ、自民党も猛反発するというものです。

国民も猛反発しなければなりません。

Banner_13 よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« B型肝炎救済は、現実的には不可能 | トップページ | 北沢俊美は日本語を知らないのか? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/34703212

この記事へのトラックバック一覧です: 三宅の転倒より国家公務員法改正案の中身:

« B型肝炎救済は、現実的には不可能 | トップページ | 北沢俊美は日本語を知らないのか? »