« 2010年11月東京ディズニーランド混雑予想 | トップページ | ギリシャ問題の教訓 »

2010年5月 5日 (水)

「県外移設」が公約でなければ何なのだ

鳩山は先の総選挙で、普天間飛行場を「最低でも県外」って叫んでいたはず。それは「公約」ではなかったという。鳩山が勝手に言い出したということなのか。それでは誰が責任を取るんだという話になります。

昨年の衆院選で普天間移設に関し、「最低でも県外」と訴えた首相だが、同日は「(民主)党の考え方ではなく、私自身の代表としての発言だ」と正式な公約ではなかったと釈明。

これはもう、どう考えても鳩山「首相」の進退に関わる問題です。

普天間問題で沖縄県民を混乱に陥れて申し訳ありません。責任を取って辞職します。

という流れになるのが常識です。

ところが昨今の鳩山は、「職務を全うすることで責任を果たす」とか言って首相の座にしがみついています。

でも、国民はもう分かっています。

鳩山では解決出来ない。って。

この問題ではもう、

鳩山をクビにして沖縄県民に詫び、従来案を実行するしかないでしょう。

それにしても鳩山、

「当時は(海兵隊の抑止力は)必ずしも沖縄に存在しなければならない理由にはならないと思っていた」と語り、「浅かったと言われればそうかもしれない」と安全保障に関する認識不足をあっさりと認めた。

それでも一国の首相かと言うほど勉強不足です。百歩譲って野党の党首であった頃に知らなかったのは仕方なかったにしても、首相になって半年以上。

その間に誰も教えてくれなかったのは、恐ろしく悲しいことです。

沖縄海兵隊の意義については先日の党首討論で谷垣自民党総裁が指摘していましたが、朝鮮半島や台湾を含めた極東での有事にはヘリ部隊と共に現場に急行して、非戦闘員の救出や活動拠点の確保を行う、というものです。ヘリの航続距離を考えたら、基地は沖縄以外あり得ません。

他にもあります。

もし某国が沖縄に観光客を装った兵士を大量に送り込み、現地で武器を調達して一斉蜂起して県庁、空港、港、議会、テレビ局などを一気に占拠したらどうでしょう。一旦占拠されたものを取り返すのはとても大変です。海兵隊が健在なら防げるはずです。

小沢がかつて第七艦隊がいれば十分とか言っていましたが、一旦占領されてしまえば第七艦隊ではどうにもなりません。

さらに、そこにアメリカ人が居る、というだけで他国は攻め込みがたいという事実があります。某国が日本に攻めてきたとき、そこに日本人しか居なければ米軍は来てくれないかも知れない。しかしそこにアメリカ人が居れば、自国民の保護のために戦ってくれます。

そんなことも分からない鳩山は、もう首相を辞めるしかないと考えます。

Banner_13 よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 2010年11月東京ディズニーランド混雑予想 | トップページ | ギリシャ問題の教訓 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/34529052

この記事へのトラックバック一覧です: 「県外移設」が公約でなければ何なのだ:

« 2010年11月東京ディズニーランド混雑予想 | トップページ | ギリシャ問題の教訓 »