« 沖縄県民の許可は得たんですか? | トップページ | 糖尿病に飲酒は危険 »

2010年5月20日 (木)

東国原知事も切れて当然

テレビでは東国原知事が切れた! 会見を放送していますが、マスコミはやはり宮崎県関係者を悪者にする気満々のようです。

 感染拡大が続く口蹄(こうてい)疫に対し18日、非常事態宣言を発した宮崎県。「このままでは県の畜産が壊滅する」と宣言では危機感を鮮明に出した。一方、会見した東国原英夫知事は、連日の拡大防止などへの対応に疲労困憊(こんぱい)の様子。今後の対応を迫る報道陣に対し、「けんかを売ってるのか」と声を荒らげ、退席しようとする一幕もあった。

(中略)

 会見で東国原知事は、殺処分かワクチン接種かなど今後の防疫体制について「検討します」との言葉を繰り返した。

 しかし記者から、知事の判断ではないかと問われると、徐々にヒートアップ。最後には「我々は一生懸命やっているんです。毎日寝ずに」と怒鳴り、机をがんと叩いて「以上です」と会見を打ち切ろうとした。

何故知事が切れたのか。肝腎な部分をカットしています。マスコミの悪意を感じます。

詳しくはこちらを参照して下さい。記者会見の全文です。

要するに、国と相談しないと決定・実行できないことを、記者は「知事が責任者だからさっさとやれ、説明しろ」と言っているのです。

そう言う内容のことをしつこく言われたら、誰だって切れます。

これが実際に責任を持って仕事をする人間とブン屋の決定的な違いです。

責任者は何かを決定・実行するにも関係機関や人々と折衝して合意を取り付けなくてはなりません。国が対策本部を立てたらそれと相談しなくてはならず、殺処分となれば畜産農家と交渉しなくてはなりません。今回の件ではそれの苦労が恐ろしく大きいのです。

知事に突っかかっている記者はそう言うことに想像が及ばないのです。さしずめ、将棋で駒を動かすように人々が動くとでも思っているのでしょう。

ナポレオンはチェスが下手だったという話があります。戦争では、兵士を将棋の駒のように動かせればそれだけで十二分に名将だったわけです。

あともう一つ気になったことがあります。

東国原知事も、言ってしまえば良かったのです。

4月のうちに国に支援を要請したが無視されたって。

それを言わなかったということは、口止めされていたということです。

自分の想像するに、

民主党に不利な発言をすれば農家への補償が無くなるぞ、と脅されている、のではないでしょうか。

それで言いたいことの言えない知事のストレスが頂点に達して切れてしまった、と考えれば合点がいくのではないでしょうか。

Banner_13 よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 沖縄県民の許可は得たんですか? | トップページ | 糖尿病に飲酒は危険 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/34785304

この記事へのトラックバック一覧です: 東国原知事も切れて当然:

« 沖縄県民の許可は得たんですか? | トップページ | 糖尿病に飲酒は危険 »