« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月29日 (木)

民主党が検察審査会にクレーム

世の中、自分の都合の良いようにルールを変えることは周囲の不信を招きます。日本スケート連盟にも言いたいですが。民主党には永遠に理解できないことでしょう。

会合には20人が出席。滝会長は、「司法制度改革は権力が独走する仕組みを変えるものだったのに、そうではない実態が出ている」とあいさつした。

何をもって権力というのか。今回の「権力」は国民から出たものであり、「国民主権」の精神と一致するはずです。

むしろ小沢の権力の独走を防げて何よりのはずです。

小沢が検察審査会で全員一致の「起訴相当」の結果となったのは、

小沢は今まで身の潔白を証明する機会は何度もあったのにずっと黙ってきました。

検察の捜査に対しては国民が支持しているから闘うと吠え、検察が不起訴としたら今度は検察が正しい国民が間違っていると強弁するというダブルスタンダードが国民の不信を招いたのです。

こうなったら裁判で決着を付けるしかない、と国民が考えたのです。

そう言うことを理解せずに自分達に不都合なルールを変えようとする民主党は、本当に腐っています。

Banner_13 よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月27日 (火)

民意は「小沢起訴」

小沢がこの件で有罪かどうかは別として、大いに意義のあるニュースです。

民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる事件で、東京第5検察審査会(検審)は、東京都の市民団体から政治資金規正法違反(虚偽記載)罪で告発され、嫌疑不十分で不起訴処分となった小沢氏について、起訴相当と議決した。議決を受け、東京地検特捜部は再捜査を行う。特捜部が再び不起訴処分としても、起訴相当の議決が再度出された場合、審査会の議決に法的拘束力をもたせた改正検察審査会法に基づき、小沢氏は強制起訴される。

今回の検察審査会では、11人の審査員の全員が「起訴相当」の判断だったそうです。

その11人は、有権者の中から無作為に選ばれた人達です。これが全員「起訴相当」です。民意の代表と考えた場合、まず90%以上の国民が起訴すべきと考えていることになります。起訴すべきと考える国民の割合を11乗すると11人全員が起訴すべきと判断する確率を出せますが、94%の時にほぼ1/2の確率となります。

これにより検察が再捜査を行うわけですが、検察が不起訴処分としても再度の検察審査会で起訴相当となれば、小沢氏は強制起訴されますが、その際には検察ではなく、「裁判所が選ぶ指定弁護士」により起訴されます。

正直、前述の件でしっかり有罪に出来るとは思っていません。しかし小沢の金権政治・恐怖政治の過去と現在を考えるに、小沢が国政から退場しないとこの国が中華に飲み込まれてしまいます。

関係者には頑張って欲しいと思います。

Banner_13 よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月26日 (月)

東京ディズニーランドに「キャプテンEO」復活

2ヶ月後の話とは、やけに急ですが、以前から検討されていたとのこと。しかも3Dシアターのミクロアドベンチャー!を借りての上演ということですから、準備期間は短くて済むのでしょう。1年限りとは勿体ないです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100426-00000019-oric-ent

『キャプテンEO』はマイケルさん演じる“キャプテンEO”たちによる宇宙での冒険を、3D映像で楽しむシアタータイプのアトラクション。製作総指揮ジョージ・ルーカス、監督フランシス・F・コッポラという豪華な製作陣と、立体映像で楽しめるマイケルさんの華麗なパフォーマンスやオリジナルソングが大きな話題となった。

正直言って、マイケル・ジャクソンさんのことはあまり知りませんでしたが、亡くなってから観たスリラーのPVは、今観ても一流と言えるクォリティでした。

さて一方で、TDLのアトラクション、ミクロアドベンチャー!は3Dシアターですがいつでも不人気アトラクションです。ここの有効利用(?)としては絶妙と思います。

いっそのこと恒久的に導入してはいかがと思います。マイケルさんを偲ぶ記念碑的な意味もありますので。

ところでこのアトラクションは、ファストパスの扱いになるのか気になります。朝一番で突入するアトラクションの一番手になるでしょうから、混乱を避けるためにもFPを導入した方が良いと思います。

また、自分の4月12日の記事で述べた東京ディズニーランド・ハッピー15エントリーでの選択肢が増えたというか、ディズニーホテル宿泊者にとってはかなり有利な話と言えます。

かつてのTDLでの上映内容を知らない自分としては、とても楽しみです。

Banner_13_3 よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年4月25日 (日)

麻生太郎の人気は健在

マスコミによる恐ろしいほどのネガティブキャンペーンにより総選挙で大敗した麻生氏ですが、その人気は実は衰えていません。

麻生太郎前首相が出演した『たけしのTVタックル』(テレビ朝日系、19日放送分)が13.6%(関東地区、ビデオリサーチ調べ。以下同)という高視聴率を獲得した。同番組はここ1ヶ月、10%前後を推移しており、今回の大幅増は麻生前首相の久々の登場に興味を抱いた人が多かったようだ。

(中略)

麻生氏は鳩山政権の問題点について聞かれ、「権力の私物化。それと日本という国のイメージを海外に悪くしている。日本の国の利益を貶めている。国内的には、景気対策がどうかなあと思う」と指摘した。

 また、自民党を離党したメンバーで結成された『たちあがれ日本』について聞かれると、「民主党の政権に対してこれだけ不満があるときには、野党が固まって『断固反対』といわないと。野党が(離党などで)割れていったら、力が落ちることはあっても増えることはない。(新党結成は)今のタイミングじゃないと思う」と意見を述べた。

麻生氏の仰ったことは全く正しいと思いました。

リーマンショック後の世界不況を乗り切ったのは麻生氏の政策のおかげだったということが周知されたのは良かったです。それに引き換え民主党政権は有効な経済政策を何一つ立てられていません。

また、今度の参院選のためにも重要なことを仰っています。すなわち、野党が分裂してはダメだと。どんなに分裂しても我々は自民党に投票するしかありません。

本当は麻生氏の青年実業家時代、外国人参政権にまで言及して欲しかったけど、スポンサーがパチンコなので不可能だったでしょう。

個人的には麻生氏の笑顔を多く見られたのは嬉しかったです。

Banner_13 よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月24日 (土)

やっぱり出た、子ども手当の悪用申請

こんな問題が起こることは始めから分かっていました。こんな法律を成立させた民主党政権は日本国民を何だと思っているのでしょうか。

兵庫県尼崎市に住む50歳代とみられる韓国人男性が、養子縁組したという554人分の子ども手当約8600万円(年間)の申請をするため、同市の窓口を訪れていたことが分かった。市から照会を受けた厚生労働省は「支給対象にならない」と判断し、市は受け付けなかった。インターネット上では大量の子ども手当を申請した例が書き込まれているが、いずれも架空とみられ、同省が数百人単位の一斉申請を確認したのは初めて。【鈴木直】

自分が3月16日に書いた記事のことが現実となってきました。

救いは、市の窓口と厚労省が拒否したことですが、支給拒否の法的根拠はありません。訴訟になったら負けるのではないでしょうか。

大体、その韓国人は手際が良すぎます。

尼崎市の男性は、子どもへの送金証明や面会を裏付けるパスポートのコピーなど外国人に求められる書類をそろえており、事前に調べてきた様子がうかがえた。市の担当者は「可能ならもらおうという意欲を感じた」と話している。

という点から、組織的に子ども手当を受給しようと画策している集団があるに違いありません。

今回、554人という大人数のために記事にされましたが、これが10人だったら普通に通ったでしょう。では何人だったら通るのか、様々な人数で様々な自治体に申請し、最も甘い判定を下した自治体に大挙して押しかけるに違いありません。

○○氏は20人で通ったじゃないか、自分の申請が通らないなんて差別だ!

などと言い出すに決まっています。

しかもこれって、失敗してもノーリスクなんだ・・・

こんな法案を成立させた民主党は日本の国益を大きく損なっています。しかも、法案の審議の際には自民党議員が前述の問題点をしっかり質問していたのに、その場面の国会中継はカットされています。

つまり、マスコミもグルです。

我々は今度の参院選で必ず民主党を大敗に追い込まなくてはいけませんが、そのためには、今マスコミの持ち上げている「みんなの党」などに投票してはいけません。票が分散して民主党を利するだけです。

民主党を倒す力を持っているのは唯一、

腐っても自民党です。

いや、マスゴミが意図して腐らせたのだが。

Banner_13 よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2010年4月22日 (木)

高速道路料金も迷走

自民党政権だったら既に半分くらい閣僚が辞めている事態でしょう。漫画「寄生獣」に出てきた、破裂寸前の後藤さんを思い出します。さしずめ三木さんが鳩山首相か、ミギーは前原大臣??

政府・民主党は21日、鳩山由紀夫首相や小沢一郎幹事長らによる首脳会議を首相官邸で開き、前原誠司国土交通相が6月から導入すると発表した高速道路の新たな上限料金制度について見直しを検討することで一致した。小沢氏が「一部値上がりしているのはおかしい」と指摘し、首相も「引き取らせてもらう」と受け入れた。政府がいったん公表した新料金制度を事実上撤回する方向になったことで、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題とともに「決められない政権」の姿が浮き彫りになった。

まあ、高速道路料金が実質値上がりというのは自分達にとっては嬉しくない話でしたが、それでも担当大臣が発表したことを政府外の幹事長が選挙対策のために覆す、というのは民主主義ではなく民主党主義というものでしょう。

そしてこれ。記事にはさりげなく書いてありますが、

割引廃止で浮いた財源を道路整備に回す道路財政特別措置法改正案は衆院で審議入りしているが、政府・与党は新料金制度見直しに伴う法案修正はしない方針だ。

現政権は財源なんかどうでも良いと考えているようです。

こんな政権には一日も早く下りてもらわなくてはなりません。

Banner_13 よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月21日 (水)

一転、「そのままの君でいて」が上海万博公式ソングに

あの中国が、まさかこんな対応を、と正直驚きです。中国には自浄作用があるぞ! と世界にアピールしようとしてこんな大胆なことをしたのかもしれません。

シンガー・ソングライターの岡本真夜さん(36)のヒット曲「そのままの君でいて」が19日、5月1日に開幕する「上海万博」の公式PRソングに決定した。これを受け新聞などで大きく報道された20日、音楽配信「iTunes」、携帯電話などに楽曲配信する「レコチョク」の着うたフルなどのデーリーランキングが急浮上している。

図らずも自分の4月16日の記事の結果になったわけですが、自分の書いたとおりに「厳重に抗議」していたらこの結果にはならなかったな・・・と嬉しさ半分です。

岡本さんの対応が実に日本的でした。

ああ、これだから日本人は世界中から好かれているんだな、と改めて思いました。

この時の中国の意図は少し気になります。中国は倫理よりも打算で動く国です。このような事件で「コピー天国」脱却を世界にアピールし、「災いを転じて福となす」とは、本当にしたたかな国です。

そしてパクった作曲家、繆森の声明が無いことを心配します。何処か知らないが、声を上げられないところに追いやられてしまったのではないでしょうか。その辺まで含めて中国が成熟してくれると良いのですが・・・

Banner_13 よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月19日 (月)

日本人はもっと胸を張って良い

この国のマスコミは悲観的なことばかり書きますが、日本は世界から評価されています。誇りを持って生きましょう。

読売新聞社と英BBC放送が共同実施した33か国対象の世論調査によると、「日本は世界に良い影響を与えている」という評価は53%で、「悪い影響を与えている」の21%を上回った。

 国際社会に影響を及ぼす17か国・国際機関についての評価を聞き、「良い影響」は、ドイツの59%が最も高く、日本は欧州連合(EU)と並んで2番目だった。

どんな点が評価されたのか。

日本人は勤勉で高い技術力を有します。

日本は戦後65年にわたり1度も戦争していません。

日本の生み出した漫画やテレビゲームは世界中で愛されています。

世界の経済危機の際には日本も苦しいのに積極的に支援を行っています。

以上、麻生太郎前首相の著書「とてつもない日本」を見ながら列挙してみました。

この国には確かに色々な問題がありますが、それでも世界トップレベルの国なのだ、という幸福を改めて実感し、これを守っていくように努めていきたいと思います。

Banner_13 よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月17日 (土)

日韓関係は日本の片思い

マスコミによって作られた韓流ブームの影響は深刻です。

現在の日韓関係については、日本では「良い57%―悪い29%」、韓国では「良い24%―悪い73%」だった。互いの国を信頼できるかどうかを聞くと、日本では「(韓国を)信頼できる」45%が「信頼できない」41%より多かったが、韓国では「(日本を)信頼できない」が80%に達した。日本の植民地支配が日韓関係発展を妨げていると思う人は韓国で80%、日本で68%に上り、過去の歴史がなお、両国関係の評価などに影を落としていることが浮き彫りになった。

簡単に言って、日本は韓国を好きで、韓国は日本を嫌いという結果です。

日本人は韓流ブームとやらによって韓国に肯定的な印象を持っていますが、韓国の実態とはかけ離れています。

韓国は、

学校では反日教育

竹島を不法占拠

対馬の領有を主張

靖国参拝に抗議

ワールドカップで審判買収

フィギュアスケートでも審判買収

マスコミはこれらの事実を隠蔽しているので敢えて書きますが。

あなたは、こういう国を好きなんですか? と問うてみます。

一方で、

 共同調査は今回で7回目。過去6回は面接方式だったため、単純比較はできないが、日韓関係を「良い」と答えた人は両国とも4番目に多かった。日本による韓国併合に関しては、日本では「当時の国際情勢を考えると、やむを得なかった」44%が「併合すべきでなかった」21%を上回った。韓国では「併合すべきでなかった」が54%だったが、「やむを得なかった」も28%となった。「併合のことを知らない」は日本26%、韓国9%。

日韓併合を冷静に捉えている人が意外と多いことは救いかと思います。

当時、李氏朝鮮は弱小国であり、周囲のいずれかの大国の傘下に入らなければならない運命でした。結局日本の支配を受けたわけですが、もしその相手がロシアだったら、韓国は今でも発展途上国だったでしょう。日本の統治時代に整備されたインフラや資本主義、教育制度などは(日本の思惑もあったので恩に着せるつもりはありませんが)、後の韓国の発展の礎となっています。

時代が下って、歴史を客観的に捉えられる人が増えてきたのでしょう。

過去に色々なことがあっても、平和条約や基本条約といったものが締結された後は恨みっこ無しというのが世界の常識です。

まして日本は韓国に多額のODAを供与しているんだから・・・

Banner_13 よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月16日 (金)

中国が岡本真夜をプロモーション

さすが中国、ここまでパクれるとは、ある意味尊敬に値します。

【上海=河崎真澄】上海万博のPRソング「2010年等●(「称」のノギへんをニンべんに)来(あなたを待っている)」が日本の有名シンガーソングライター、岡本真夜さんのヒット曲からの盗作ではないかとの疑惑が中国で浮上している。

実際に聞き比べてみると分かります。

・上海万博PRソング:http://www.youtube.com/watch?v=lijrVXnCstQ
・岡本真夜さんの曲:http://www.youtube.com/watch?v=hax6v5GcB-w

少なくとも歌の部分はそっくりです。

国の威信を賭けて開催する万博なんだから、オリジナリティを出してほしいものです。中国だからこそパクる、というつもりなら、それはそれで中国の文化の有り様を世界に発信したことになって面白いですが。

過去の名曲を一部分取り入れて新しい曲を作る、というやり方は、実際のところは色々な曲で行われています。

某女性グループの歌などは、洋楽に詳しい人に言わせると、結構そういう部分があるらしいです。

日本の和歌でも、本歌取(ほんかとり)という、過去の有名な歌から1・2句取り入れて自分の歌の表現に深みを増す技法があります。

しかしそれは、元の歌を想起させた上で、さらに自作で発展的な内容を表現したものでなくてはなりません。

翻って上海万博の歌は、ほとんど替え歌というレベルのものです。

まさに中国という国の文化を象徴していると言えます。

この先の成熟があるのかどうかも疑問ですが、少なくとも未熟な文化です。

しかし中国人自身からの批判の声もあるようです。

中国人の中からも自分の国がおかしいと理解する人達が出てきているのかもしれません。

その点では少し期待したいです。

その一方で、この盗作に対して、日本は厳重に抗議しなくてはなりません。どうせしないだろうけど。

Banner_13 よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月14日 (水)

上手な酒の飲み方

歓迎会などのシーズンです。酒を飲む方も多いでしょう。中にはつい深酒して翌朝に辛いことになっている人も少なくないはずです。

「正しいお酒の飲み方5か条」です。読んだ上で酒の席に臨むとだいぶ違うと思います。

■その1「自分の体質にあった“適量”を知る」
■その2「酒は“いち銘柄”に。飲み方を変えて楽しもう」
■その3「“大量の水”がポイント。飲んだアルコールと同量を摂取」
■その4「酒の“温度”に注意。常温か、お湯割りで」
■その5「高たんぱくの“食事”と組み合わせて」

これを書いた人は酒を「愛して」はいないような気がします。自分は酒そのものも楽しみたいので、2と4は守りたくないです。

それでも、1、3、5は重要なポイントと思います。

最近自分が特に取り組んでいるのが3です。

酒を飲んだらすぐに水も飲む。そうすると悪酔いしづらいし、次の一口を新鮮に感じることが出来て良いと思います。

あと、医者としては5について補足。

アルコールを分解する肝臓には多大な負担が掛かります。そんな肝臓を栄養面で助けてあげることは大切です。誰も補給なしでは戦えませんので。

それを怠って「食わずに酒を飲み」続けていると、急性アルコール中毒に陥ったり、慢性化するとアルコール性肝障害がどんどん進み、或いは低血糖昏睡という形で病院の世話になることになります。

つまみを食べると太るから食べずに飲む、というのは大間違いです。

適量のお酒に適切なつまみ、さらにしっかり水も飲んで、酒の席を楽しみましょう。

Banner_13 よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月12日 (月)

東京ディズニーランド ハッピー15エントリー

平日限定ですが、ちょっとお得なディズニーホテルの特典です。

開園15分前の東京ディズニーランドへご入園いただくことができます。

これがどれだけ得かというと・・・

4月一杯はモンスターズインクがクローズなのでそれほどのメリットはないかもしれませんが・・・

先日行ってきた印象では、それなりにメリットありです。

通常の人より15分前に入れても行けるのはワールドバザールまで。

でも、パートナー像付近でグリをしていました。

ミッキーやミニーには人だかりが出来ていたのでこれを諦め、いつも暇なギデオンに。

Gide

こっちもパートナー、みたいな。

ボスは一緒でないのかと訊いてみたら、はぐれてしまった(?)らしいです。

キャラグリにしても、競争率が低いのは良いことだと思います。

そして開園と同時にプーさんのFPを取りに行きました。

そうしたら、9:35からのFPが取れました。こんな早いのは初めてです。

プーさんに9:35に乗れるということは、次のFPを9:35に取れるということです。

上手く立ち回れば1日のうちに4枚のFPが取れるのではないかと思います。

ゴールデンウィーク明けからは、開園15分前からモンスターズインクに乗ることが出来るようになります。そうなると人の流れは随分変わるでしょう。

まずはほぼ全員がモンスターズインクに乗り、次にどうするか、というところでしょう。

もう一度乗るためにファストパスに並ぶも良し、プーさんのFPを取る態勢に入るも良し。

或いは、裏をかいてキャラグリ天国の時間にするか。

大事な大事な朝一番の時間を通常より有利に使える、ハッピー15エントリー、大いに利用していきたいですが、逆に言えば、それはディズニー運営側の必死の販売戦略、とも言えるでしょう。

Banner_13 よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月10日 (土)

密約は必要悪だ

普天間問題に続く民主党のブーメラン現象という点では笑い種ですが、すこし考えれば、国家の根幹に関わる問題と分かるはずです。

9日、東京地裁で判決があった沖縄返還に伴う密約文書の開示請求訴訟。原告の一人で、39年前に密約の存在を報じた元毎日新聞記者の西山太吉さん(78)は、全面勝訴の判決に「超完全勝利。一種の情報革命が起きた」と喜びを隠さなかった。

沖縄密約事件、或いは西山事件と呼ばれる事件は、少々複雑な問題です。詳細はこちら。

西山事件(にしやまじけん)とは、1971年の沖縄返還協定にからみ、取材上知り得た機密情報を国会議員に漏洩した毎日新聞社政治部の西山太吉記者らが国家公務員法違反で有罪となった事件。別名、沖縄密約事件(おきなわみつやくじけん)、外務省機密漏洩事件(がいむしょうきみつろうえいじけん)。

論点は大きく分けて2つあると思います。

1つは、密約の存在。1971年の沖縄返還協定の際に、アメリカが負担すべき費用を日本が肩代わりする、というもので、まさに昨日の裁判で開示せよとの判決が下った密約の話です。

もう1つは、機密情報の取得方法です。西山が情報取得の目的で当時の外務省事務官の女性と肉体関係を持ったというものです。

密約をすっぱ抜いた西山に対し、日本政府は密約の存在を否定する一方、東京地検特捜部は西山に対して(女性事務官の機密漏洩に対する)教唆の罪で逮捕・起訴しました。

裁判では密約の存在には触れられず、情報取得の方法が違法であると認定されて西山の有罪が確定しました。

密約の存在を絶対に暴かれたくない政府がマスコミなどを使って西山に対するネガティブキャンペーンを大々的に行ったと推定します。

随分アンフェアな裁判とは思いますが、国益のために仕方なかったのでしょう。

密約となった、返還費用は日本持ちという日米合意を公開すれば、日本国民が大反対し、沖縄返還が取り消されるところだったでしょう。

国益のための密約は、必要悪です。

どこの国もやっています。

全ての国民が国策決定の前提となる情報を全て知る、というのは理想ですが、現実の政治では到底不可能ですから。

その一方で、ある一定の年月が過ぎた後で公開は行われるべきです。

しかし、密約が成立したのは1971年。我が国で公文書館法が成立したのが1988年。

密約当時は公開を想定していなかったはずです。

そのような文書があったとして、事後法に基づいて無条件に公開、というのは慎重にならなくてはならないと思います。

公開されたら国家が転覆するような内容の文書なら、間違いなく破棄されてしまうはずです。

それを後から非難しても無いものは無い、と言われればそれっきりです。

そうなっては、何のための情報公開法か分からなくなりますので。

むしろ、西山は既に無いことを分かっていて訴えているのかもしれませんが。

余談ですが、西山は元毎日新聞記者です。

1972年からの裁判の間のネガティブキャンペーンによる不買運動で毎日新聞社は倒産。

創価学会の助けで復活。

毎日新聞の本日の社説ですが、朝日新聞よりも強く政府を非難しています。よほど恨みがあったのでしょう。

この国の闇の一端が垣間見えた事件です。

Banner_13_2 よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 8日 (木)

イースターワンダーランドの城の前ポジ

先日、ディズニーランドに行ってきました。目的はイースターです。

パレードのイースターワンダーランドは、自分としては「かわいい」パレードと感じました。しかし同時期に観た同僚は、「ありきたり」と評していました。

違いは何だろう、と考えましたが、キャラクタ達に対する思い入れの度合いが違うのではないかと思いました。

自分のようなキャラクタのファンとしては、キャラクタがウサギのコスプレしている、というのは可愛いと感じますし、ましてミッキーがいくつもの衣裳に着替えて登場するのですから、たまりません。

但し、派手な演出はありません。花火も水も炎もカクテル光線も出ません。踊っているだけと言われたらその通りです。そういう意味では「ありきたり」と言われても仕方ないかと思います。

Rimg0852

こういうのをかわいいと思えるかどうかなんでしょうね。

実際の鑑賞ですが、自分は城の前に陣取りました。城の前が一番盛り上がるようですし、ミッキー達の決めポーズもここで行われるようです。

情報によると、ミッキーの衣裳は全パレードで6種類あるそうです。城の前では4種類観られるようですが、自分の位置(城のほぼ正面10列目くらい)からは、3種類まで確認できましたが、1つは見逃したようです。

Rimg0570_2

Rimg0753

Rimg0791

写真は、カメラの連写機能を使って撮影し、800枚にも及ぶ写真の中からちょうど良いポーズを決めていたものを厳選しました。道具と技術が拙いのは勘弁して下さい。

そんなわけで楽しんできました。

これから行かれる方の参考となれば幸いです。

Banner_13 よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 7日 (水)

木村拓也コーチ、死去

謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

木村コーチの経過についてはこちらに書かれています。

思えば、手術はしないの? という疑問がありました。

しなかったのではない。出来なかった

手術したらかえって危険、という状態だったわけです。

それにしても37歳でくも膜下出血で急死とは、他人事とは思えません。

我々も気を付ける必要があります。

先日書いたとおり、くも膜下出血の原因には高血圧と脳動脈瘤があります。

脳動脈瘤については殆ど運だと思います。

一方で高血圧は、日頃から容易に測定可能です。

これはみんな測っておいた方が良いです。

そして高ければ減塩、軽い運動、それでも高ければ薬もあります。

もう一つ忘れてはいけないことがあります。

木村コーチの場合は、ストレスが重かったようです。

コーチ就任1年目。優勝は当然と回りから思われている。気配りの人。

そんなストレスが彼の血圧を急上昇させていたのかもしれません。

諸条件が理想的なら木村コーチは助かったかどうか、という議論は置いておきましょう。

我々が健康でいるために、血圧は測っておきましょう。

謹んで故人のご冥福をお祈り申し上げます。

Banner_13 よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2010年4月 5日 (月)

2010年10月東京ディズニーランド混雑予想

公式HPで10月の開園時間が更新されました。

開園時間を見るだけでどの日が混雑するのか予想が立てられそうです。

ただ、日曜日などは宿泊組を考慮して、混雑の割に開園が早めです。

そうそう。10月1日、東京都民の日を忘れていました。

ただ、人口の割に11月14日の埼玉県民の日ほどは影響は大きくないんですよね・・・

201010tdlfore

Banner_13_2 よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 4日 (日)

2010年10月東京ディズニーシーの混雑予想

本当は開園時間の情報が公開されてからアップしたかったのだけれど、なかなかアップされないので暫定的に載せてみます。

去年の10月のシーは始めてハロウィーンイベントが行われ、大盛況でした。

入場制限はランドより先に掛かるほどでした。今年もランド並みの待ち時間が発生すると予想します。

201010tdsfore

それなりの準備をして臨みましょう。

4/5、開園時間が更新されたのでこちらも差し替えしました。

Banner_13 よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 3日 (土)

木村拓也・巨人コーチがクモ膜下出血

木村コーチの無事を祈るしかありませんが、くも膜下出血では厳しいかもしれません。重い後遺症が残る可能性が高いでしょう。

巨人・木村拓也内野守備走塁コーチ(37)が2日午後5時30分頃、広島市南区のマツダスタジアムで突然倒れた。対広島戦の試合前のシートノック中の出来事で、そのまま広島市内の病院に緊急搬送され、「くも膜下出血」と診断されて入院した。広島市消防局によると、緊急搬送時の同コーチの容体は意識不明の重体だという。現役コーチがグラウンドで意識不明に陥る事態に両軍はもちろん、球界に大きな衝撃が走った。

くも膜下出血は脳卒中の一種で、若い人にも起こりえます。外傷が原因でなければ高血圧の放置か、脳動脈瘤の破裂によることが多いです。

症状の程度は様々ですが、重い人では重度の麻痺が残ったり食事や会話が出来なくなったりと、「死んだ方がマシ」と思うほどの後遺症を残すことがあります。

今後の経過で、手術を要した(或いは何度も、とか)り、意識の回復に時間が掛かるようだと重症の可能性が高くなります。

そんな重大な病気ですが、予防はというと、可能な面と不可能な面があります。

高血圧によるものなら、日頃の血圧チェックが大切です。若い人も侮ってはいけません。「血圧」は、世界的にも健診で唯一費用効果に優れる検査方法と認められています。自分も血圧が140/90となってきたので降圧剤を少量ずつ飲み始めました。そうしたら120/70に下がりました。

もう一方の脳動脈瘤だとすると、これは運が悪かったと言うしかありません。未破裂動脈瘤を早期発見して手術するにしても後遺症の残るおそれがあります。

ともかく今は木村コーチが早期に回復するのを祈るのみです。

Banner_13_2 よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 2日 (金)

若林元農水相の本音を考える

目的は手段を正当化する、という考えは許されないと思うのですが、若林氏の心情は理解できなくもありません。いや、深読みのしすぎかな。

若林氏は3月31日の参院本会議で、NHK予算案の採決の際、席をはずしていた隣席の青木氏の「賛成」ボタンを押していた。本会議では高校無償化法案など10法案の採決が行われた。若林氏はすべて「代理投票」したことを明らかにした上で「青木氏から全く依頼はなかった」と語った。

国会議員が「代理投票」しないのは常識中の常識ですが、かといって代理投票を処罰する規定もないそうです。

やってしまったからには議員辞職する、というのは当然と言えば当然のことです。

しかし若林氏の意図は「魔が差した」などというものではないでしょう。

数々のスキャンダルが発覚しているのに一人も辞めない民主党に対する当てつけではないでしょうか。

自民党は自浄作用があるのだと。

片や民主党は首相に幹事長、最近は国家公安委員長までスキャンダルまみれですが、明らかな刑事罰を受けていないために議員職に居座っています。

若林氏はもう75歳で、国会議員ももう引退でしょう。最後に一つアピールして国会を去りたかったのではないでしょうか。

テレビでは若林氏を手ひどく罵っています。「代理投票」は許されるものではありません。

だが、単にそれだけのことなのか。

我々はテレビから得られる情報の裏を考える習慣を付けるべきです。

間違うことも多々あるでしょうけど。鵜呑みはいけません。洗脳されますので。

Banner_13 よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年4月 1日 (木)

日医会長選は周回遅れの結果

医者には情報弱者が多いですが、これほどとは。身内、と言うわけでもないですが、悲しくなります。

任期満了に伴う日本医師会(日医)会長選挙の投開票が1日、東京都の日本医師会館で行われ、親民主党を掲げる茨城県医師会長の原中勝征氏(69)が、自民党と協調してきた現職の唐沢祥人会長(67)、政治的中立を主張した京都府医師会長の森洋一氏(62)、京都府医師会員の金丸昌弘氏(44)を破って初当選した。原中氏の当選で、参院選に向け日医の自民党離れが加速する可能性が高まった。任期は2年。

民主党支持者が日本医師会会長などとは情けない限りです。今年度の診療報酬改定でちょっとくらいプラス改定だからって民主党支持とは朝三暮四、木を見て森を見ず、大局を見誤ったと言えます。

或いは、今度の改定の際、はっきり民主党支持を打ち出した歯科の方が医科よりも改定のプラス幅が大きかったので旗色をはっきりさせたのかもしれません。だとすれば小沢の恐怖政治に屈したことになります。

自民党政権が続いていた場合はこの国の医療は崩壊していたと言われています。それは悲しいことですが、民主党政権が続けばこの国が崩壊します。

国が崩壊すれば医療など無いのに。

民主党は最近の地方選挙では連戦連敗です。一般の国民の方がまだ分かっています。

Banner_13 よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »