« 2010年9月東京ディズニーシーの混雑予想 | トップページ | 2010年9月東京ディズニーランド混雑予想 »

2010年3月 2日 (火)

裁判長の良識に感謝

やや皮肉を込めて、毎日新聞から引用してみました。

奈良県大淀町立大淀病院で06年8月、同県五條市の高崎実香さん(当時32歳)が分娩(ぶんべん)中に意識不明となり、19病院に受け入れを断られた末、転送先で死亡した問題を巡り、遺族が町と産科医に約8800万円の賠償を求めた訴訟の判決が1日、大阪地裁であった。大島真一裁判長(島村雅之裁判長代読)は「救命の可能性は低かった」として、遺族の請求を棄却した。しかし、3時間以上も転送を待たされた経緯に触れ、「産科救急医療の充実を願う」と付言した。

実に良識的と感じたのは、

また、転送時期と実香さんの死との関係については「仮に(初期段階で)脳の異常を診断し、(設備の整った)奈良県立医大に搬送したとしても、手術開始は午前3時半ごろと考えられ、救命の可能性は極めて低かった」と述べ、請求を全面的に退けた。

と、医療の現実に即した判断が行われたことです。理想通りの医療が行われなければ医療側が負けるという気違いじみた司法の流れを止める、優れた判決です。

また、

 一方、判決要旨の朗読後、大島裁判長は産科救急医療の現状に触れ、「重症患者でも現場で搬送先を探しているケースが多く、『救急医療』とは名ばかりだ。人の命を守ることは国や地方自治体に課された責務で、産科など救急医療の再生を強く期待したい」と述べた。

医療を国や自治体の責任としたところも良かったでしょうか。ただ敢えて言うならば、責任を負うのは医療従事者も国民もです。関係者全てが改善に努めなければ医療の崩壊は止められないでしょう。

時間のある方は、元記事の「関連記事」の所まで読んでいただけると、医療に関する問題がよりよく分かります。

但し、「自民党は全くダメだったが民主党政権には期待できる」主張がとても強く出ているところには大いに疑問ですが。日本の歳入をわざと減らしたり中華に取り込まれるような政策をしていては医療以前に日本国が崩壊してしまうのですから。

Banner_03 よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 2010年9月東京ディズニーシーの混雑予想 | トップページ | 2010年9月東京ディズニーランド混雑予想 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/33596207

この記事へのトラックバック一覧です: 裁判長の良識に感謝:

» 破壊された奈良の医療はもう戻るまい [ブラウン管で ガンシューティング しませんか? 〜KRTさん(三十路)のブログ〜]
■医師に非がないという判決が出ても…。 大淀病院事件の判決が出たようです。 「重症患者引き受ける体制を」=搬送拒否で裁判長付言−遺族請求は棄却・大阪地裁(時事通信) - Yahoo!ニュース http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100301-00000100-jij-soci 2006年、出産のため入院中に脳内出血を起こし、19の医療機関に搬送受け入れを断られ死亡した奈良県大淀町の高崎実香さん=当時(32)=の遺族が、担当医の診断ミスが原因とし... [続きを読む]

受信: 2010年3月 2日 (火) 13時17分

» (医師叩き・病院叩きを行った)マスコミと国民に言いたい。恥を知れ。 [医療はこのまま崩壊していくのか]
大淀病院事件の判決が出ましたね。 当然の判決だったと思います。 しかし、たとえ医師に過失がない事が裁判で明らかにされても、毎日新聞をはじめとするマスコミの医療破壊記事と、それを吟味・検証せずに医師を、病院をバッシングした者たちによって破壊されてしまった奈良の医療は、恐らく、もう戻ることはないでしょう。 以下、奈良の医療を破壊した戦犯の方々のブログ記事。 [http://blogs.yahoo.co.jp/k_akiomi/41206005.html] [http:..... [続きを読む]

受信: 2010年3月 2日 (火) 13時31分

« 2010年9月東京ディズニーシーの混雑予想 | トップページ | 2010年9月東京ディズニーランド混雑予想 »