« コーチベルトライトの威力 | トップページ | インフルエンザウイルス、季節性と新型の構造的相違 »

2010年3月25日 (木)

中井国家公安委員長の問題点

中井洽(なかいひろし)国家公安委員長の女性スキャンダルが発覚しましたが、単なる一恋愛とは言えない問題があります。

中井氏は1998年に妻の順子さんと死別しており、交際に関しての問題はないが、議員宿舎には部外者をみだりに入れてはいけないルールのほか、部外者へのカードキー貸与は厳禁とされている。そんなわけで、本来なら完全警護であるはずのSPも“排除”。全国25万人の警察官に範を示し、国民の安全を守る立場にある人間とは思えない“仰天行動”なのだ。

単なる一恋愛なら問題ないですが、

部外者へのカードキー貸与は厳禁

です。大事な資料とか機密とか盗まれたらどうするんだ。盗聴器を仕掛けられていたらどうするんだ。

全く閣僚としての自覚のない人です。即刻罷免を要求します。

ただ、中井氏は朝鮮学校の授業料無償化に反対していました。この点で、中井氏の罷免が誰の利益かと考えると、もう少し別の見方が出来るかもしれません。

Banner_13 よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« コーチベルトライトの威力 | トップページ | インフルエンザウイルス、季節性と新型の構造的相違 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/33931815

この記事へのトラックバック一覧です: 中井国家公安委員長の問題点:

« コーチベルトライトの威力 | トップページ | インフルエンザウイルス、季節性と新型の構造的相違 »