« 内閣支持率低下。マスコミの次の手は | トップページ | 糖尿病の診断に「HbA1c」は、現場では既に常識 »

2010年3月10日 (水)

非核三原則の意義は?

空想的平和主義が支配する現政権にあって亀井大臣の最近の発言に救われる気がします。

国民新党代表の亀井静香郵政改革・金融相は10日の記者会見で、非核三原則の解釈をめぐり有事の際に米軍の核の日本領海通過・寄港を認めるかについて「有事がどういう状態で来るかなんて誰も想像できない。そういう時には日米両国が合意できることを緊急にやればいい」と述べ、柔軟に対応すべきだとの考えを示した。平時の通過・寄航については「非核三原則の堅持が当然だ」と強調した。

 また、「密約」問題については「お互いの国が、公にできないがお互いにちゃんとやっていく上で暗黙に認め合おう、という部分は常にある」と語った。

日本は世界で唯一の被爆国であり、同じ苦しみを他の国に味わって欲しくないという考えには、自分も賛同します。しかし、日本が二度と核兵器の被害を受けないことを、非核三原則は保証しません。

国防に核兵器が有用であることは、世界中で核実験を行う国が後を絶たないという事実から、少なくとも世界の常識であることは間違いありません。

日本が戦争に巻き込まれた際には、核兵器を使える状態なるべきです。もし中国が攻めてきた場合、核兵器が使えなかったら確実に負けます。

そのため、現実的な対応としては、有事には「持ち込ませず」を外す、「2.5原則」とせざるを得ないところです。読売新聞と産経新聞の社説はそのように述べています。

それに対して朝日新聞と毎日新聞は、あくまで「三原則」を堅持すべきと述べています。

これらは日本を消滅させたいメディアなので、こと外交や国防についての論説は無視すべきでしょう。

それにしても非核三原則は、冷静に考えたら何をしたいのか分かりません。

前述の通り、日本が他国を核攻撃しない、という話なら納得ですが、日本の国防には全く役に立たないどころか有害です。

Wikipediaを見ても、「なぜ」非核三原則を標榜するのかよく分かりません。

自分は、日本を弱体化したい勢力が、日本が強くなるのを妨げるために、日本国民の核兵器に対する拒絶反応を利用して作り上げた、日本国に対する手錠だと考えています。

そして、これに対して僅かでも反論した者には、「軍国主義者」のレッテルを貼り、徹底的にこき下ろしてきました。

その、「日本を弱体化したい勢力」は現在、大きく分けて2つあると思っています。

アメリカと中華(中国韓国北朝鮮)です。

どちらにとっても日本の非核三原則が好都合なので、今までこれが法律でも条約でもないのに金科玉条の如く扱われてきたのでしょう。

しかし両者の日本に対する考え方は異なっています。アメリカにとって日本は飼い犬である一方、中華は日本を食用の犬と考えています。

どちらかを選べと言われたら飼い犬の方がマシなので、現時点では日米同盟の堅持は必要不可欠です。

しかし将来的には日本は自主独立を果たしたいものです。そのためには核武装は避けて通れない道と考えます。

Banner_03 よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 内閣支持率低下。マスコミの次の手は | トップページ | 糖尿病の診断に「HbA1c」は、現場では既に常識 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/33713376

この記事へのトラックバック一覧です: 非核三原則の意義は?:

» 国民新党亀井氏、核持ち込みの可能性に言及=有事で日米合意が前提 [サブのまったり茶房ウィークリー]
連立与党の中で国民新党の亀井氏とは、 やはり民主党が暴走をしないようにするための抑止力的な 行動と発言が多く感じます。 今回も核持ち込みに関して、 建前と現実論を加味した応対をしているようです。 亀井氏の言う例外的措置とは現実的なことを 踏まえ... [続きを読む]

受信: 2010年3月10日 (水) 17時52分

« 内閣支持率低下。マスコミの次の手は | トップページ | 糖尿病の診断に「HbA1c」は、現場では既に常識 »