« 「献体」について考えてみて | トップページ | 普天間問題が最悪の決着? »

2010年3月16日 (火)

血税がどんどん外国へ! 地獄の子ども手当

正直、油断していました。子ども手当がこれほど恐ろしいものだったとは。

外国がその気になればこれ一つで日本が滅ぼせるくらいです。

鳩山政権の目玉政策である高校無償化法案は、16日午後の衆院本会議で採決され、民主、社民、国民新の与党3党と公明、共産両党などの賛成多数で可決された。子ども手当法案も、引き続き与党と公明、共産両党などの賛成多数で可決され、衆院を通過した。政府・与党は両法案を週内に参院で審議入りさせ、年度内成立を目指す。成立すれば高校無償化は4月から実施され、子ども手当は6月に支給開始される。

具体的に何が恐ろしいかというと、

・在日外国人にも支給

・子供が国内にいなくても支給

・養子でも婚外子でも支給

・審査は無いも同然

・人数の制限はなし

ということから具体的には、

在日中国人が母国で孤児院を経営していて養子が1万人いる、と申請すれば毎月2億6千万円が貰える

ということになります。

恐ろしすぎます。これだけで日本は終わったかもしれません。

とりあえず今度の参院選では民主党を落とさなくてはなりませんが、総選挙は3年後です。

それまでに日本人の血税がどれほど外国に垂れ流されるのでしょうか。

Banner_03 よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 「献体」について考えてみて | トップページ | 普天間問題が最悪の決着? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

財源が足りないのだから、子ども手当に年収300万円の所得制限を設けるべき。
橋下知事は7人の子供がいるので、毎月18.2万円、年間218万円の子ども手当がもらえる。
これから3人の子供を生むとすると、総額1千4百万円の他人のお金(税金)がもらえる。
在日ももらえるのが最大のみそ。
注)2.6万円x12ヶ月x15年x3人=1.4千万円
防衛費よりも多い毎年5.3兆円を使って高所得の家庭まで支給する必要は無い。
社会主義に偏向した民主党は何でも一律が公平だという偏見と誤解を持っている。
政権交代という目的を達成するために、いかに他人のお金をばら撒いて集票するかというのが出発点であるから理念が無い。
実体は、こども手当ではなく、集票を目的とした大人票手当である。
子ども手当てという名称であっても、子どもに使われるとはかぎらない。
まず貯蓄として蓄えられ、今まで通り家計の一部として使われることとなる。
子ども手当て法案に賛成した公明党と共産党は民主党と同じ穴の狢。

投稿: 腐敗していた民主党 | 2010年3月16日 (火) 20時27分

参院選を睨んだ政局のための政策、ということですね。
勉強になりました。

投稿: プー | 2010年3月17日 (水) 09時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/33798774

この記事へのトラックバック一覧です: 血税がどんどん外国へ! 地獄の子ども手当:

« 「献体」について考えてみて | トップページ | 普天間問題が最悪の決着? »