« 民主党が公明党を取り込んで目指すものは | トップページ | 社民党のコペルニクス的転回の裏側 »

2010年3月12日 (金)

「隠れメタボ」などと言わないで

いくらメタボという言葉が有名だからと言って、非肥満の高血圧や糖尿病を「隠れメタボ」というのは間違っています。それから、朝日新聞には理系がいないのか。グラフにセンスが無さ過ぎます。

おなかのサイズが大きくてもそうでなくても、血圧や血糖値などで異常が重なればメタボリック症候群と同じように心筋梗塞(こうそく)や脳卒中を起こすリスクが高まることがわかった。メタボ健診の基準を検証している厚生労働省の研究班(研究代表者=門脇孝・東京大教授)が11日、解析結果をまとめた。腹が出ていない人たちの対策も進めるよう提言を報告書に盛り込む。将来の基準に反映される見通しだ。

(中略)

特定健診では、メタボに該当するか、予備群とされた人に対して特定保健指導をする。ただ、やせていて血圧や血糖値が高い人はとりわけ日本に多く、死亡リスクも高いことが指摘されてきた。

>やせていて血圧や血糖値が高い人

これはメタボではありません。高血圧と糖尿病です。そのものズバリの病名を言いたくなくてメタボなどというぼかした表現にする精神は、言葉狩りと同じです。

そして、新聞記事にはグラフも載っていますが、グラフの作り方が間違っています。

図:  

検査値の異常値の個数が「0」の集団と「1」の集団は別の集団なので、棒グラフで積み上げるのは不適切です。

しょうがないから、普段グラフを作らない自分が即席で作ってみました。男性だけですみません。なお、このグラフは(ウェスト径基準内、検査異常無しを1.0とした)相対リスクを示したものです。「1.0」に含まれる人数が男性と女性で異なるので、男女を同列に並べるのは間違っています。

Metabo_2 

もっと上手に作れる人はたくさん居るはずですが、このくらいで勘弁を。

この結果から分かることは、

腹囲の基準は殆ど無意味。

・検査値の異常項目が増えると心筋梗塞・脳卒中の発症リスクが増大する。

・男性より女性の方が高血圧・糖尿病・高脂血症にケアする価値がある。

というところでしょう。

なお、これだけのデータでは、

門脇教授は「やせることで効果的に病気を予防できるような人を見つける点で、いまのメタボ基準にも意味がある」と話す。

のコメントは意味不明です。

得られたデータをもっと細かく分析する「サブ解析」に期待、ということでしょうか。

それとも、前に偉い先生が「メタボが大事」と言ってしまったことをダイレクトに間違いと言えず、180度転換すべきところを1年に60度ずつ3年かけて修正しようという大人の事情かも知れません。

Banner_03 よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 民主党が公明党を取り込んで目指すものは | トップページ | 社民党のコペルニクス的転回の裏側 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/33736974

この記事へのトラックバック一覧です: 「隠れメタボ」などと言わないで:

» 【ウソのように下がる高血圧】「薬」以上に効果的です [元祖無知の知]
■【高血圧】薬も運動も不要、食事だけで血圧を下げる藤城式食事法DVD。 たったの... [続きを読む]

受信: 2010年3月13日 (土) 19時05分

« 民主党が公明党を取り込んで目指すものは | トップページ | 社民党のコペルニクス的転回の裏側 »