« 普天間問題が最悪の決着? | トップページ | 外国人参政権に反対の決議が地方で広がる »

2010年3月20日 (土)

クロマグロ禁輸否決、たまにはGOOD JOB

クロマグロ禁輸提案が出たときにはどうなることかと思いましたが、この国がいつも煮え湯を飲まされてきた「途上国」を味方に付けての大勝でした。

大西洋クロマグロの禁輸が最大のテーマとなったワシントン条約の締約国会議は、予想外の大差でモナコや欧州連合(EU)の禁輸提案を否決し、「ドーハの悲劇」は回避された。

 予想外の日本圧勝の裏には、途上国を中心に欧米主導の禁輸案への反発のうねりと、日本政府の周到な準備があった。

日本は事前にリビアを中心とする発展途上国、中国やアイスランドとも連携し、EUによるクロマグロ禁輸を阻止しました。

この国は、現場レベルの努力や学習能力では世界のどこにも負けない力があると思います。

あとは上の方がしっかりしていればね・・・

昭和14年にノモンハンで関東軍を破ったソ連軍のジューコフは言った:

日本軍の下士官兵は頑強で勇敢であり、青年将校は狂信的な頑強さで戦うが、高級将校は無能である。

日本の宿命ですかね。

Banner_03 よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 普天間問題が最悪の決着? | トップページ | 外国人参政権に反対の決議が地方で広がる »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/33853515

この記事へのトラックバック一覧です: クロマグロ禁輸否決、たまにはGOOD JOB:

« 普天間問題が最悪の決着? | トップページ | 外国人参政権に反対の決議が地方で広がる »