« メタボ健診、腹囲の基準は意義薄い | トップページ | 文民統制とは制服組の意見を無視するという意味か »

2010年2月11日 (木)

故・中川昭一氏のカレンダーが大人気

もしかしたら最後かもしれない、真の愛国政治家の死を悲しむ人達が多いのは、少し救いかもしれません。

http://www.hokkaido-nl.jp/detail.cgi?id=3108

故中川昭一元財務・金融相の旧後援会事務所(帯広市)で発売している中川氏の2010年カレンダーが、全国から注文が殺到するなど、予想外の人気を集めている。

この国を愛し、良くしようと努力したためにアメリカからも中華からも攻撃を受け、失意のうちに亡くなったのでしょう。あらためてご冥福をお祈りいたします。

それにしても、死者を冒涜する発言には強い怒りを感じます。

http://www.youtube.com/watch?v=r4sO-iqlNvo

お前は自分の死後に、忘れたい過去の写真を公開して欲しいのかと。そのくらいの想像力のない者にテレビに映る資格はないと思います。

Banner_03 よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« メタボ健診、腹囲の基準は意義薄い | トップページ | 文民統制とは制服組の意見を無視するという意味か »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/33333318

この記事へのトラックバック一覧です: 故・中川昭一氏のカレンダーが大人気:

« メタボ健診、腹囲の基準は意義薄い | トップページ | 文民統制とは制服組の意見を無視するという意味か »