« 2010年8月東京ディズニーランド混雑予想 | トップページ | 小沢不起訴。アメリカの影響? »

2010年2月 4日 (木)

横綱朝青龍が引退を表明

優勝25回を数えた横綱朝青龍が、暴力事件を契機に引退を表明。

今まで数々の問題行動を起こしてきた横綱ですが、相撲協会もついに庇いきれなくなったようです。

今回のトラブルのきっかけは、ファンから掛けられた「頑張ってください」の一言。

言葉通りに聞けば、「俺は十分頑張っている。これ以上俺に頑張れと言うのか!」と憤りたくもなるかもしれませんが、普通の日本人の感覚では、ただの挨拶です。殴られた方としてはたまりません。

朝青龍関も、身から出た錆とは言え、今まで数々の問題を起こし、「横綱の品格」という名目で厳しいバッシングを受けてきました。本人もウンザリなのでしょう。

今後は「品格」と無関係な総合格闘技でお目見えとなるのでしょうか。

ところで、相撲協会も貴乃花親方当選で改革を、という矢先にこんな事件では大変でしょう。

http://www.zakzak.co.jp/sports/sumo_combat/news/20100201/smc1002011608002-n2.htm

こちらによると、事業収入の伸び悩む相撲協会にとって、朝青龍の存在はヒール役として絶大な人気を誇り、その解雇で事業収入年間80億円の3割が吹き飛ぶ大損害となるのだそうです。

長年溜まった膿を出す。改革に痛みは付き物ですが、大きなリストラで収入大幅減。部外者には笑い事ですが、この国もそんな方向に突き進んでいるとなると寒気のする話でもあります。

Banner_03 よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 2010年8月東京ディズニーランド混雑予想 | トップページ | 小沢不起訴。アメリカの影響? »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/33247321

この記事へのトラックバック一覧です: 横綱朝青龍が引退を表明:

« 2010年8月東京ディズニーランド混雑予想 | トップページ | 小沢不起訴。アメリカの影響? »