« 外国人参政権の法的根拠を与えた人物が翻意 | トップページ | 国民新党が「本格保守」。是非国民にアピールを »

2010年2月22日 (月)

長崎県知事選の裏側

長崎県知事選は、与党推薦の候補が敗れました。新聞では「政治と金」が原因と書いていますが、そんな簡単なものではないと考えます。

まず、毎日新聞の記事です。

自民は終盤、著名議員を応援に投入し民主批判を展開。民主に比べ厚い地方組織をフル回転させて逃げ切った。

この書き方は、自民は地方組織のおかげで勝ったのであり、民意を得たわけではないという印象操作でしょう。

その一方で、

橋本氏は連合長崎の推薦も受け県政刷新を訴えた。閣僚らも次々と応援に入り、政権与党との連携を訴えたが、及ばなかった。

民主党の方だって「連合長崎」という組織を使っているのに自民党の方だけ卑怯な手を使った、という表現です。

そして、「政権与党との連携」の内容が問題です。

民主党はこんなことを言っているのです。

http://www.youtube.com/watch?v=9Jc-PZ8wcQM

「そういう選択を長崎の方がされるのであれば、民主党政権は長崎に対しそれなりの姿勢を示すだろうと私は思います」

つまり、うちの候補者を落としたら報復するぞ、と長崎県民を脅してるのです。

自民党政権の時にはこんなことを言う人がいたらマスコミが騒いで即刻クビでした。今回の選挙ではマスコミは華麗にスルーして投票日に至っています。

恐ろしいほどアンフェアです。

こんなマスコミによる洗脳工作に負けずに民主党候補を落とした長崎県民を賞讚します。

最後に、長崎県にはとても大きな問題があります。

それは、外国人参政権が実現すると対馬を失う、と言うことです。

現段階で既に対馬に韓国人がたくさん移住しています。外国人参政権が成立したら彼等が選挙権を持ち、島の住民の決議により対馬を韓国に併合する、という恐ろしいことが成立してしまいます。

この問題に危機感を募らせた長崎県民が民主党候補を落としたのだと推測します。

長崎県の皆さん、ありがとうございます。

Banner_03 よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 外国人参政権の法的根拠を与えた人物が翻意 | トップページ | 国民新党が「本格保守」。是非国民にアピールを »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、ランキングから来ました。

ホント、民主党は次々といろんな問題が出てきて困ったもんです・・・。
長崎県の皆さんも大変ですね。

またおじゃまします!

投稿: コウイチ | 2010年2月23日 (火) 22時11分

コメントありがとうございます。

長崎県の皆さんは、しっかり民意を示してくれました。
自分も頑張りたいです。

今後ともよろしくお願いします。

投稿: プー | 2010年2月24日 (水) 12時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/33486445

この記事へのトラックバック一覧です: 長崎県知事選の裏側:

« 外国人参政権の法的根拠を与えた人物が翻意 | トップページ | 国民新党が「本格保守」。是非国民にアピールを »