« 2010年1月の混雑実績 | トップページ | 故・中川昭一氏のカレンダーが大人気 »

2010年2月 9日 (火)

メタボ健診、腹囲の基準は意義薄い

鳴り物入りで導入されたメタボ健診ですが、その後の調査で腹囲(男性85cm、女性90cm)の基準が適切でなかったことが分かりました。

研究班は、地域住民を対象に実施している全国の12の追跡調査を総合的に解析した。心血管疾患を発症する危険性が高い人を見分けるため、40~74歳の男女約3万1000人の腹囲と心血管疾患の発症状況を分析したところ、男性は80センチ以上がそれ未満の1.48倍▽85センチ以上1.56倍▽90センチ以上1.70倍、女性は80センチ以上1.75倍▽85センチ以上1.79倍▽90センチ以上1.62倍と、いずれも腹囲が大きい方が発症割合も高かった。しかし、どの数値で区切っても発症者の割合はほぼ変わらず、危険性の高い集団を選び出すのに最適な数値は算出できなかった。

ある基準が意味を成すには、何か重大な病気の発症率が、その基準内と基準外で大きく違うことが大事です。

例えば、高血圧と脳卒中の関係ですが、一般には最高血圧140mmHgを超えたあたりから脳卒中の発症率が急激に上昇します。よって、140以下にしましょうと言われます。これは確固とした基準と言われています。

ところが、メタボについては腹囲が何cm以上だと心血管疾患が急に起こりやすくなる、という基準が設定できないことが分かったわけです。

一方で痩せすぎの人は感染症や癌の発症率が上がるため、国民の「健康」を考えた場合に肥満だけを槍玉に挙げるのは間違っています。

そもそもメタボ健診なるものは、2008年度に、某有力な先生の鶴の一声で始まった感があります。その当時から既に腹囲を重要視する考えに疑問はありました。

それが最近の調査で、さらに世界の常識が腹囲を重視しないようになってきているのに日本だけが腹囲を重要な基準とし続けていました。

まあ、その偉い先生の顔を立てているのでしょう。

どの世界も「妥協」は必要です。誰にだって間違いはある。その先生の面子を潰さないように、年ごとに作成される新しい基準から、「腹囲」の位置づけを少しずつ薄めていって、何年か掛けて無くしていくことになるのでしょう。

良くも悪くも日本的です。

そんな日本でいいじゃないか、誰も傷つかないて、素敵じゃないか・・・と思うようになってきた自分は、歳を取ったのかもしれません。

Banner_03 よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 2010年1月の混雑実績 | トップページ | 故・中川昭一氏のカレンダーが大人気 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/33314953

この記事へのトラックバック一覧です: メタボ健診、腹囲の基準は意義薄い:

» メタボの診断基準 男性85センチ、女性90センチに根拠無し。 でも女性は80が妥当だって [自分なりの判断のご紹介]
あーまったく、大変。 いやはや調べるのがね。 いい加減の二乗みたいな 記事をご紹介。 まずは、今日の毎日で目がとまり、 読売にもあった記事です。 メタ... [続きを読む]

受信: 2010年2月11日 (木) 18時49分

« 2010年1月の混雑実績 | トップページ | 故・中川昭一氏のカレンダーが大人気 »