« 新型インフルエンザの輸入ワクチンは買い手つかず | トップページ | 官房長官平野が民主主義を否定 »

2010年1月26日 (火)

「民主」主義の自家中毒だな

八ッ場ダム問題とは扱いがえらく違いますが、それは置いといて。

先の名護市長選で民主党推薦の普天間飛行場辺野古移設反対派が勝利した矢先にこれでは、先が思いやられます。

平野博文官房長官は26日午後の記者会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題について「(地元が)合意しなかったら物事が進まないということか。そこは十分検証したい。法律的にやれる場合もあるだろう」と述べ、新たな移設先の自治体が受け入れに応じない場合は、法的に決着させることも可能との見解を明らかにした。

移設反対派の人物を推薦しておいて、当選してすぐに「地元の合意なくしても移設する」は、どうにも支離滅裂です。

最大限好意的に考えて、選挙後にアメリカから横槍が入ったのでしょうね。

「選挙後」というのがミソで、選挙前にアメリカが介入したならば稲嶺氏支持を取り消すことが出来たわけですが、このタイミングで、というのは、アメリカは民主党潰しに本気だぞ、と考えて良さそうです。

自分の考えは、アメリカの陰謀があるからと言って、民主党擁護にはなりません。

もし日本がアメリカと中国のどちらかに従属しなくてはならないとしたら、絶対にアメリカを選ぶからです。

中国日本省なんて、どんな有様になるか・・・国家という体裁は残してもらっているアメリカの方が遥かにマシですから。

Banner_03 よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 新型インフルエンザの輸入ワクチンは買い手つかず | トップページ | 官房長官平野が民主主義を否定 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/33137150

この記事へのトラックバック一覧です: 「民主」主義の自家中毒だな:

« 新型インフルエンザの輸入ワクチンは買い手つかず | トップページ | 官房長官平野が民主主義を否定 »