« 2010年7月東京ディズニーランドの混雑予想 | トップページ | 14県議会が外国人参政権に反対 »

2010年1月 7日 (木)

新型インフルエンザは順調に減少

新型インフルエンザの発症者数、意外と減っていないと思ったらデータが古いです。

年末年始の状況を把握するのは難しいので仕方ないでしょう。

ただ、依然として発症数の多い地域もあり、油断の出来ないところもあります。

 国立感染症研究所は7日、全国約5000カ所の医療機関を対象にしたインフルエンザの定点調査で、昨年12月21~27日に受診した患者数が1施設当たり19.63(前週22.44)だったと発表した。4週連続の減少で、20を切ったのは昨年10月12~18日の週以来。1週間の推計患者数は100万人で、7月以降の累計は1753万人。検出されるウイルスは大半が新型の状態が続いている。

 都道府県別では宮崎(44.54)▽沖縄(43.40)▽福島(33.99)▽福井(33.94)▽鹿児島(33.65)▽鳥取(32.90)▽静岡(32.84)の7県が警戒レベルとされる30を超えている。38都道府県が前週より減少し、20を超える自治体は37県から27県に減った。【清水健二】

一方で、季節性インフルエンザやノロウイルスの発症が抑えられているのではという話もあります。

皆が手洗い・うがいを励行したおかげか、新型インフルエンザの猛威に他のウイルスが駆逐されてしまったからかは分かりませんが。

流行が落ち着いてきたところで、一応思い出してください。

本当に怖い新型インフルエンザはまだ来ていない、ということを。

今回の豚インフルエンザのおかげで鳥インフルエンザがすっかり忘れられていますが、それが消えてなくなったわけではありません。

治に居て乱を忘れず。

今回の騒ぎを総括して、何時か来るかも知れない恐ろしい病原体への備えを万全となるように努めましょう。

Banner_03 よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 2010年7月東京ディズニーランドの混雑予想 | トップページ | 14県議会が外国人参政権に反対 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/32894517

この記事へのトラックバック一覧です: 新型インフルエンザは順調に減少:

» 新型インフルエンザの減少 [インフルエンザの危険性 ]
新型インフルエンザって最近どうなのかな? 新型インフルエンザに伴う学級・学年閉鎖が減少している。 [続きを読む]

受信: 2010年1月29日 (金) 23時46分

« 2010年7月東京ディズニーランドの混雑予想 | トップページ | 14県議会が外国人参政権に反対 »