« 日本人に非肥満糖尿病が多いことはあまり知られていない | トップページ | 新型インフルエンザの輸入ワクチンは買い手つかず »

2010年1月22日 (金)

鳩山首相が朝三暮四と朝令暮改を勘違い

麻生さんの漢字間違いは非難囂々でしたが、こちらに対する反応の出方で今のマスコミの方向性がわかるでしょう。

個人的には、多少言葉を間違っても政治家のとしてしっかりやってもらえれば文句ないのですが。

茂木氏は、政府が今年度の第1次補正予算で凍結した財源を第2次補正に回したことを批判した際、「朝三暮四という言葉をご存じか」と質問。これに対し、首相は「知っている。朝決めたことが、夜すぐに変わるという意味、物事をあっさり変えてしまうことだ」と自信たっぷりに答えたが、茂木氏に「それは朝令暮改」とすかさず切り返され、出席者の失笑を買った。

まあ、普天間問題や事業仕分け、脱官僚、消費税、献金・贈与などなど、多くの問題で鳩山首相は朝令暮改でもある、と言えますが。

Banner_03 よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 日本人に非肥満糖尿病が多いことはあまり知られていない | トップページ | 新型インフルエンザの輸入ワクチンは買い手つかず »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/33083076

この記事へのトラックバック一覧です: 鳩山首相が朝三暮四と朝令暮改を勘違い:

« 日本人に非肥満糖尿病が多いことはあまり知られていない | トップページ | 新型インフルエンザの輸入ワクチンは買い手つかず »