« 外国人参政権を通常国会提出へ。絶対反対! | トップページ | 小沢幹事長の元秘書2人と現秘書を逮捕 »

2010年1月14日 (木)

間寛平、前立腺がん発覚もアースマラソン完走を目指す

この人はギャグよりもこの頑張りを尊敬します。

頑張れ寛平!! マラソンとヨットで地球を一周する「アースマラソン」に挑戦中のタレント・間寛平(60)が前立腺がんであることが13日、分かった。アースマラソン製作委員会が、今年1月4日にトルコで行った生体検査でがん細胞を発見したと発表。その後、ホルモン療法による治療とマラソンが両立できるとの専門医の診断を受けた寛平は、闘病しながら走り続けることを決断した。

何で出発前にチェックしておかなかったのかと思いますが、

 寛平は昨春、米ロサンゼルスの定期検査で、前立腺がんの早期発見の指標であるPSA値が高値をマーク。雑菌による前立腺炎の疑いとの診断を受け、抗生物質を服用しながら走ってきた。その後、米コロラドやニューヨーク、仏ルアーブル、チェコ・プラハでは数値は安定していたが、12月のイスタンブールでの検査で過去最高値をマーク。1月4日に生体検査を行ったところ、検体12か所中5か所からがん細胞が見つかった。

とのことです。

PSAは前立腺がんの指標ですが、少し上昇した程度では、記事の「前立腺炎」と判断されることも多く、経時的な再検査が必要です。寛平師匠の場合は、昨春の検査ではPSAは軽度の上昇しか示していなかったのでしょう。それが急激に上昇したために急遽精密検査となったのでしょう。

さて、前立腺がんという病気ですが、一口にがんと言ってもその「悪性度」には大きな幅があります。急激に増殖してあちこちに転移するタイプもあります。一方で全く無症状に経過して、別の病気で亡くなった後の解剖で見つかる程度の善玉の場合もあります。その中間の例も多数存在します。寛平師匠の場合はどの程度だったのか。アースマラソンを続けるというのだから、それほど悪い方ではないのでしょう。

そのアースマラソンも残り四分の一強、あと数カ月でしょう。

メタボ系内科医プーは寛平師匠を応援しています。

Banner_03 よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 外国人参政権を通常国会提出へ。絶対反対! | トップページ | 小沢幹事長の元秘書2人と現秘書を逮捕 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/32981799

この記事へのトラックバック一覧です: 間寛平、前立腺がん発覚もアースマラソン完走を目指す:

« 外国人参政権を通常国会提出へ。絶対反対! | トップページ | 小沢幹事長の元秘書2人と現秘書を逮捕 »