« 間寛平、前立腺がん発覚もアースマラソン完走を目指す | トップページ | 小沢民主党に朝日新聞までダメ出し »

2010年1月16日 (土)

小沢幹事長の元秘書2人と現秘書を逮捕

検察には是非とも頑張って欲しいですが、しかし容疑が4億円の虚偽記載だけとは寂しい限りです。

本当はもっともっと、合計すると何十億円にも上る金が秘密裏に出入りしているはずですが、総選挙前の西松建設問題の時に事務所が火事になったり関係者が何人か行方不明になっているなど、本当に解明したい金の動きを追うことが不可能になっています。

 「陸山会」の土地購入事件で、東京地検特捜部は16日、当時の会計責任者で公設第1秘書の大久保隆規被告(48)を政治資金規正法違反(虚偽記載)容疑で逮捕した。この事件での逮捕は3人目。大久保秘書は09年3月に西松建設違法献金事件でも同法違反容疑で逮捕、起訴されている。

 逮捕容疑は、陸山会の事務担当者だった小沢氏の元私設秘書、池田光智容疑者(32)と共謀し、07年分の収支報告書の支出総額を4億円過少に記載したとしている。これは、04年に事務担当者だった石川知裕衆院議員(36)=北海道11区=が小沢氏から受領して土地購入費に充てた4億円を池田元秘書が07年4月に小沢氏に返却した際、その出金を記載しなかったものとされる。

確かに民主党小沢政権には打撃でしょうが、この程度ではトカゲのしっぽ切りで済まされてしまいます。検察が本丸の小沢に切り込めるかどうかが鍵でしょう。

石川容疑者逮捕の決め手となったのは彼の元秘書の供述でした。同様に石川容疑者他から有力な供述を引き出せれば小沢逮捕でしょう。

しかし時間がありません。18日には通常国会が始まり、国会議員には不逮捕特権が生じます。それまでに決着を付けられるかどうか。日本の未来は検察の双肩にかかっています。

マクロ的な視点で見ると、今回の件は日本における米中の代理戦争なんでしょうね。

以下は自分の妄想です。

リーマンショックでアメリカが大打撃を受け、直後のG7で麻生・中川両氏が大活躍して一躍世界の盟主を窺う状況でした。そこでアメリカは日本を弱体化させようと中川氏を泥酔会見で失脚させ、さらにマスコミを使った酷い麻生バッシングで政権交代。素人政権は果たして経済対策は支離滅裂で日本だけ世界の景気回復から遅れることとなりました。しかし民主党政権が小沢を中心としてあまりにも中国寄りに傾くので、そろそろ小沢も失脚させないと、とアメリカが本腰を入れだしたのではないでしょうか。

酷い話ですが、もしそうであったとしても「中華人民共和国倭省」よりはよっぽどマシに思えます。振り込め詐欺に遭う人の心境と似ているのではないかとも・・・

Banner_03 よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 間寛平、前立腺がん発覚もアースマラソン完走を目指す | トップページ | 小沢民主党に朝日新聞までダメ出し »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/33005416

この記事へのトラックバック一覧です: 小沢幹事長の元秘書2人と現秘書を逮捕:

« 間寛平、前立腺がん発覚もアースマラソン完走を目指す | トップページ | 小沢民主党に朝日新聞までダメ出し »