« 小沢が外国人参政権実現を韓国で講演 | トップページ | 小沢の外国人参政権を許すな »

2009年12月14日 (月)

小沢の増長は実体かバブルか

天皇陛下会見問題を巡って、小沢一郎は宮内庁長官の辞任を要求しています。宮内庁長官に対して民主主義を説くなど、民主主義に失礼極まりないです。周囲の批判・反対を受けてなお自説を曲げないのは民主主義というのでしょうか。国民の統合の象徴を私物化した小沢はもはや明確に日本の敵です。

それに対して羽毛田宮内庁長官も、「やめるつもりはない」と対決姿勢です。

 会見実現に小沢氏の関与を指摘する声が出ていることに関しては「私がお会いさせるべきとかさせるべきでないとか言った事実はない」と強調した。

鳩山首相(周辺)も小沢の関与を指摘したのですから、鳩山首相の辞任も要求したらどうでしょう。

最近は小沢絡みで吐き気のするニュースが毎日のように流れています。

もしかして小沢には勝算があるのでしょうか。俺には中国様が付いている。日本はもう詰んでいる。あとはごり押しでも勝てると。

世の中全て、バブルは弾けてみないと分かりません。これが小沢バブルなのか、本当に日本終了の合図なのか、後になって初めて評価が出来るのでしょう。

個人的には、その中国国家副主席と小沢の会談が流れたことに期待したいです。

Banner_03 よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 小沢が外国人参政権実現を韓国で講演 | トップページ | 小沢の外国人参政権を許すな »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/32611920

この記事へのトラックバック一覧です: 小沢の増長は実体かバブルか:

« 小沢が外国人参政権実現を韓国で講演 | トップページ | 小沢の外国人参政権を許すな »