« 2009年11月東京ディズニーランドの混雑実績 | トップページ | 小沢率いる民主党訪中団が出発 »

2009年12月 9日 (水)

人工呼吸器を外した女医の有罪確定へ

一応の節目となりましたが、尊厳死・安楽死関連は全く手つかずの状態が続いています。

殺人罪という割には執行猶予付きですから、相当に事情を斟酌されたものと思います。同情には大いに値します。

しかし(今の)自分だったら、死に直接繋がる人工呼吸器外しは行いません。被告の女医は情の深い人だったという話を聞きます。情に絆されて理を曲げれば、足下を掬われるものです。

 川崎市の川崎協同病院で1998年、意識不明の男性=当時(58)=から気道を確保するためのチューブを抜き、筋弛緩(しかん)剤を投与して死なせたとして、殺人罪に問われた医師須田セツ子被告(55)について、最高裁第3小法廷(田原睦夫裁判長)は7日付で、被告側の上告を棄却する決定をした。懲役1年6月、執行猶予3年とした二審判決が確定する。

同小法廷は、男性が脳波の検査を受けておらず、発症から2週間しかたっていなかったことから、「回復可能性や余命について的確に判断できる状況ではなかった」とした。
 また、チューブの抜管は家族の要請によって行われたが、家族には病状などの適切な情報が伝えられていなかったと指摘。「法律上容認される治療中止には当たらない」と判断した。 

この辺りに司法判断の根拠が示されているわけですが、これは全くの素人判断と言わざるを得ません。脳波があれば回復するなどとはとても言えません。

また、「適切な情報」とありますが、もう元気になる見込みはないことは関係者は皆分かっていたはずです。「死ぬと分かっていて人工呼吸器を外したのならお前は人殺しだ。分かっていなくて外したなら藪医者だ。」と主張したい家族側弁護士の法廷戦術なのでしょう。

現在であれば重要な決断は家族に話をし、文書にして双方が署名する形を取ります。それすら公文書として認められなかったりもしますが。事件当時の感覚では、まだそのようなリスク管理が徹底されていなかったのでしょう。

今の感覚で昔の事を裁くのは文明国のやることではありません。

そろそろいい加減この種の尊厳死・安楽死について明確な指針が出てほしいものですが、現実には難しいのでしょう。

司法に任せれば素人丸出しの非現実的な基準を作るし(H7横浜地裁)、

医療側が作っても患者・遺族感情を無視していると叩かれて、しかも法的根拠などないし、

役人は責任を取りたがらないからノータッチ。

斯くして、死ぬまで人工呼吸器を外せずに、誰にも喜ばれることなく長期間死ねない人達が後を絶ちません。

この国の医療が崩壊するまで続くのか??

暗澹とした気持ちになります。

Banner_03 よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 2009年11月東京ディズニーランドの混雑実績 | トップページ | 小沢率いる民主党訪中団が出発 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

いや、これは論外でしょう。

要するに、極めて重要な決定であるにもかかわらずろくに記録せず、
もしくは、判断を行う客観的根拠も無く
重大な決定を行った。
別に時間的制約があったわけでもないのに。
そして、人工呼吸器を外しても予想に反して呼吸が止まらなかったから
筋弛緩で呼吸を止めたって事でしょう?
判断が間違っていたと考え、一度中止することも出来たのに。

お話にならないと思いますが。

投稿: nyamaju | 2009年12月 9日 (水) 14時21分

コメントありがとうございます。
仰るとおり、女医の行ったこと自体は論外です。

ただ、女医と患者「自身」の信頼関係、家族に何と言われたのか、今ひとつ明らかにされていませんので、女医自身が論外かというと、少々疑問はあると思います。


投稿: プー | 2009年12月 9日 (水) 16時20分

私も色々あった末の決断だったと思いますよ。

>今ひとつ明らかにされていません
ぶっちゃけ存在しない。
仮に色々なやりとりがあったとしても、
カルテに記載がなければ世迷い言にしかなりませんから。

時系列的に連続したカルテへの記載、
重要な案件であれば、患者さん、家族の署名、
看護師の同伴及び看護記録への記載。
今どき医者をやるなら当たり前の事が
出来ていなかったんでしょうね。

投稿: nyamaju | 2009年12月 9日 (水) 21時39分

まあ、「今どき」でないもので。

自分もこの件を教訓に、
リスクのありそうな診療には、
特に丁寧にカルテを書くことにしています。

投稿: プー | 2009年12月 9日 (水) 22時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/32544738

この記事へのトラックバック一覧です: 人工呼吸器を外した女医の有罪確定へ:

« 2009年11月東京ディズニーランドの混雑実績 | トップページ | 小沢率いる民主党訪中団が出発 »