« 外国人参政権法案、今国会提出断念へ | トップページ | 7-9月期の実質GDP、年率4.8%増。麻生さんありがとう »

2009年11月13日 (金)

新型インフルエンザのワクチン接種翌日に死亡

残念な結果ですが、ワクチン接種との因果関係は微妙です。これがあったからと言って、接種に尻込みしてはいけません。

 厚生労働省は13日、新型インフルエンザワクチンを接種した富山県の70代男性が、接種翌日に急性呼吸不全で死亡したと発表した。男性には肺気腫の基礎疾患があり、主治医は「持病が原因で、ワクチン接種との関連はない」と判断している。厚労省は専門家に因果関係の検討を依頼し、安全性を改めて評価する。ワクチン接種後の死亡例は初めて。

そもそも病名の「急性呼吸不全」からして意味不明です。通常、突然死は「急性不全」と言われます。この男性は元々肺気腫(≒慢性呼吸不全)だったから、死因は呼吸器系だろうという判断なのでしょう。

肺気腫などの慢性呼吸不全の人は、よく痰が出るのですが、瞬間的に痰が絡んで窒息することがあります。体力が低下しているので、痰が絡んだときに咳などで追い出すことが出来ないと窒息します。この男性は一人で寝ていたので誰にも気付いてもらえずに死んでしまったのでしょう。

慢性呼吸不全の人なら何時起こってもおかしくないことですが、強いてワクチンとの関連を考えるならば、ワクチン接種後には軽く風邪を引いたようになる、という副作用でしょうか。慢性呼吸不全の人は、風邪を引いただけでも重症化しやすいです。

このような持病を持った人こそ優先的に接種すべきだし、発症・重症化予防の効果もそこそこ証明されつつあるはずです。この程度の関連をもって副作用死だから接種中止、となったら、それは本末転倒です。

そんなことにはならないと信じていますが。

Banner_03 よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 外国人参政権法案、今国会提出断念へ | トップページ | 7-9月期の実質GDP、年率4.8%増。麻生さんありがとう »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/32204114

この記事へのトラックバック一覧です: 新型インフルエンザのワクチン接種翌日に死亡:

« 外国人参政権法案、今国会提出断念へ | トップページ | 7-9月期の実質GDP、年率4.8%増。麻生さんありがとう »