« 松井秀喜、移籍か残留か | トップページ | 外国人参政権法案、今国会提出断念へ »

2009年11月 8日 (日)

食料自給率41%は・・・低いだろ!

今日は、なじみのりんご園に行ってきました。とても美味しい林檎でしたが、経営者はもう80歳近く。あと何年おいしい林檎を食べられるか不安です。

記事では長々と細かいことが書いてありますが、どう考えても現状ではまずいでしょう。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091108-00000551-san-bus_all

41%―。農林水産省が今年8月に発表した平成20年度の日本の食料自給率(カロリーベース)だ。農水省は食料安全保障の立場から、自給率アップの必要性を説き、「50%以上が望ましい」との目標を掲げている。「食料安保」という言葉から「飢餓」や「飢え」という言葉が連想されるが、果たして食料自給率41%という数値は低いのだろうか。そもそもカロリーベースの食料自給率は「食料安保」の指標としていいのだろうか―。

記事では、日本人が食糧の中で無駄にしている部分を除けば食料自給率は50%は既にあるとか、食生活の欧米化が問題(本文にはありませんが、我々が穀物を食べるのに比べて、家畜に食べさせてその肉を我々が食べると、同じ穀物生産量でも自給率が下がる)などと言っていますが。そんな細かいことはどうでも良いのです。

しかし、

加倉井氏も「いざというときに生きながらえるための農業を維持することは大事」とした上で「より広い地域で助け合う方がいい」とし、自給率の数値よりも多様な食料輸入ルートの確保が安定供給のカギであると考えている。

多様な食料輸入ルートの確保

なんておめでたい人だ。

ちょっと考えれば分かりますが、想定しなくてはいけない重大事態は、戦争です。

戦争が起こって海上封鎖・原油の輸入がストップしても国民の食料が保たれる政策を・・・と、ここまで書いて、どう考えても不可能な気がしてきました。

それでは戦争を防ぐ外交を、となりますが・・・世界史を振り返れば、望まない形の戦争突入の事例など山ほどあり、永世中立といっても武装している国もあり、非武装を謳って他国の侵略を無抵抗で受け入れた国もあります。

現在この国の軍事力は貧弱で、超大国に依存しなくてはならない状況です。

この国はこれから国防という意味での安全保障についてどう取り組んでいくのか。タブーを排して深い議論を行うべきです。ひいてはそれがこの国の食料の安全保障政策にも繋がっていきます。

支離滅裂ですみません。

Banner_03 よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 松井秀喜、移籍か残留か | トップページ | 外国人参政権法案、今国会提出断念へ »

心と体」カテゴリの記事

コメント

戦争ないしは世界的飢饉が起きてからでは打つ手がないので、自給率は高いほうがいいですね。それよりも問題は、第一次産業が産業して成り立っていないということでしょうか。第一次産業があって二次、三次があるわけでして、わが国はサービス業の国です……なんて今それが潤っているからという理由で軸足を浮ついたところに置くのは賢い人が考えることではないです。第一次産業の農業が「儲かる」体制を作ることが先決で、結果的に食料自給率の上昇に繋がるのだと思います。

日本は資源のない国なのに、農業や畜産のみならず町工場の職人だって虐げて、銀行や商社が偉そうな顔しているようでは、お先が真っ暗ですね。お邪魔しました。

投稿: 同感です | 2009年11月 8日 (日) 23時23分

農作物はもちろんのこと鉱山資源、製造業はほぼ全てにおいて海外依存にあり、アジア情勢・アメリカ、中東地域との関わりを考えると日本が戦争に巻き込まれる可能性は十分に考えられると思います。

日本の農業を続けていける方はほんの一握りでほとんどの方が善意でやっていると思います。この先20・30年は国をあげて食料自給率、農業支援を強化してほしいものです。


一個人としてできる対策とすれば、「外食」を極力控えることではないでしょうか。

外食産業が発展しすぎて、価格競争でつぶしあっています。一見消費者は安くて食べられていいように思いますが、低価格は
材料費=野菜に大量の農薬がかかって大量生産されている?かもしれない外国産の質の低いもの
人件費=アルバイト雇用で安く済ませることで労働意欲がなくし、質の低いサービスへ
とつながっていると思います。

これが食料自給率低下の大きな要因かと思います。

長文失礼しました^^;

投稿: 私も同感 | 2009年11月 9日 (月) 00時47分

思うに、日本に以上犯罪が増えたのはゲームやアニメのせいではなく、輸入食材による汚染が原因と考えられなくもありません。アメリカ産の豚肉は米国内で消費される製品よりも多くの抗生物質を使っていますし(管理が楽)、鶏肉にいたってはほとんど酒井典子状態の薬漬けで食べられたものではありません。食糧自給の問題は国内産業構造のバランスと、外国から送られてくる汚染された食料、ひいてはブロガーさんがおっしゃるように「急所」を握られた状態での外交を強いられるという、安さ以外に良いことはありません。しかも、その安さが国内産業の競争力を不当に殺いでいるとも言えます。いまは失業者もたくさんいますし、低賃金でも農業従事するものはいるでしょうし、国が率先して産業の建て直しをしつつベンチャー化に助成し、ニートやホームレスに独立開業のチャンスを与えれば夢広がるニッポン、凄いぞニッポンという歌がありましたように、多少は改善されると思われます。お邪魔しました。

投稿: 同感 | 2009年11月 9日 (月) 01時14分

戦争の問題はともかく、自給率の問題は、20年後にだれが日本で農業をやってくださるかだと思います。
農家は善意!はその通りだと思います。
今の20代30代の子供が親の後を継ぐより、安くてもよそに土地を売ったほうがいい!?
という思考になるのは、「何考えてるんだ!!」とおもうことはありますが、仕方ない流れ何でしょう。
新しくなった政府が新しい考え方でずっといけば、日本は飢餓で苦しむアフリカ諸国になるんでしょうね。

投稿: t88m | 2009年11月 9日 (月) 01時16分

有事の際、シーレーン封鎖が起こったらエネルギーが供給されませんので
カロリーベース自給率なんか上げても意味がありません。
そんなにカロリーが大切なら芋を植えれば解決します。

投稿: | 2009年11月 9日 (月) 08時28分

>カロリーベース自給率なんか上げても意味がありません。

同感です。本質的な安全保障と理念の問題です。芋を食ってればいいと言いながら、今日のランチを楽しみにしているサラリーマンが多いようでは、日本はお先が真っ暗です。お邪魔しました。

投稿: 同感 | 2009年11月 9日 (月) 08時33分

皆さん本当にありがとうございます。
見識の高いご意見ばかりで嬉しくなります。
と同時に、将来の日本にますます悲観してしまいます・・・

今、農業従事者でない我々が出来ることとしては、政権与党に国家安全保障体制の確立を要求することと、地産地消というところでしょうか。

それにしても、安倍政権や東国原知事の提唱した、「徴農」と揶揄された政策は、どうなったのか? 上手く運用すればこの国建て直しの切り札となりそうですが。ご存じの方がいらっしゃったら教えて戴けたら有り難いです。

投稿: プー | 2009年11月 9日 (月) 09時01分

若者や失業者を雇用して農業従事者を増やす、昔風に言うならば小作人を増やす、ということなのでしょうが
現在の日本の農地状況ではかなり難しいのではないでしょうか。
ご存知の通り日本はGHQの農地改革(反共政策の一環でもある)により、大規模農業が解体され小作人に土地が与えられたわけですが、
おかげで諸外国に比べると農地に対しての農家の数が多くなり、効率的な農業ができにくい土壌が出来上がってしまいました。
今後の農業のためには、土地の集約化が必須だと思いますが、現状ではなかなか彼らが土地を手放すことはありません。
農業大国フランスでは土地を集約化させ更なる大規模農業を実施することにより飛躍的に穀物生産が増えました。(農家の数を減らしたことにより、1人あたりの補助金額も増え設備投資もしやすくなる)
農業再生のためには日本もドラスティックな、それこそ平成農地改革のような政策が必要なのでは、と個人的には思います。

投稿: | 2009年11月 9日 (月) 11時12分

ありがとうございます。

>平成農地改革

何か、これをやったら政権が倒れそうですね。
この国が民主主義wであるうちは出来そうにない政策なんでしょうね・・・

投稿: プー | 2009年11月 9日 (月) 11時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/32132852

この記事へのトラックバック一覧です: 食料自給率41%は・・・低いだろ!:

» 内転筋エクササイザー [内転筋エクササイザー]
内転筋エクササイザー [続きを読む]

受信: 2009年11月28日 (土) 16時21分

« 松井秀喜、移籍か残留か | トップページ | 外国人参政権法案、今国会提出断念へ »