« 2010年4月東京ディズニーランドの混雑予想 | トップページ | 慶大生が全裸で集団疾走 »

2009年10月10日 (土)

退去命令の中国人姉妹に在留特別許可

残留孤児の子孫として両親と来日後に在留資格を取り消され、国外退去を命じられていた奈良市在住の中国人姉妹に、千葉景子法相は9日、在留特別許可を出した。最高裁で退去命令の取り消し請求訴訟の敗訴が確定しており、支援団体によると、敗訴確定後に在留を認められたのは埼玉県蕨市のフィリピン人、カルデロンのり子さん(14)ぐらいで、極めて異例。

姉妹は97年、母親(47)が「長崎県出身の中国残留孤児(故人)の四女」として、家族で中国・黒竜江省から正規に入国。その後、大阪入国管理局が「残留孤児とは血縁がないことが判明した」として一家の上陸許可を取り消し、03年9月に国外退去を命じられた。

子供の頃は、NHKのニュースで、中国残留孤児の調査が行われたとか、判明者が来日して家族と水入らずの夜を過ごしたとか聞くと、心温まる思いがしたものですが。

そういう善意を悪用する輩がいるのはまずいし、彼等をのさばらせることは、善意を示すのは損だということになります。

「残留孤児とは血縁がないことが判明した」

ここが大事なところです。

回りくどく書いてありますが、つまり偽装がバレたということです。(自称)カルデロン一家と同じです。

偽装がバレてもごね続ければこの国に居続けられる、と外国人に思わせてしまいます。そうすれば、この国に外国人がどんどん押し寄せ、外国の食い物にされてしまいます。

思えば、鳩山首相の過去の発言に、「日本列島は日本人だけの所有物ではない」がありましたが、まさにその通りのことをしています。

この国が崩壊しないことを祈っています。

Banner_03 よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 2010年4月東京ディズニーランドの混雑予想 | トップページ | 慶大生が全裸で集団疾走 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/31728513

この記事へのトラックバック一覧です: 退去命令の中国人姉妹に在留特別許可:

« 2010年4月東京ディズニーランドの混雑予想 | トップページ | 慶大生が全裸で集団疾走 »