« 退去命令の中国人姉妹に在留特別許可 | トップページ | インフルエンザ、「新型」と「季節性」 »

2009年10月13日 (火)

慶大生が全裸で集団疾走

全裸で駅構内を走り回ったとして、神奈川県警港北署と少年捜査課は13日、公然わいせつ容疑で、慶応大学の男子学生9人と「撮影係」の女子学生(18)を書類送検した。
 学生はいずれも1年生で広告学研究会のサークル仲間。「ばかなことをしてしまった」と容疑を認めている。男子学生9人のうち5人が酒を飲んでいたという。
 同署によると、学生は「夏の思い出になる映像を残そう」と、先月20日午前4時15分ごろ、紙パンツだけをはき、穴を開けて陰部を露出させた状態で、大学近くの商店街から東急東横線日吉駅に向かって疾走。しかし、「それでは面白くない」と、無人の同駅ホームに侵入し、全裸になって駅構内やホームを走り回り、改札前に並んで記念撮影した。通行人が目撃し110番した。
 一連の行為は、サークルの打ち上げで上映するため、女子学生がビデオで撮影していた。
 慶応大学の話 各方面にご迷惑をお掛けして申し訳ない。処分については各学部が検討すると思う。 

全文・長文の引用にて申し訳ありません。

はっきり言って「ばかなこと」ですが、

許してやってくれ。

若い男っていう生き物は、そういうものなのです。

草彅剛君がそうであったように。

別に覚醒剤を吸っていたわけでなし、暴行事件など起こしたわけでなし。大目に見てやって下さい。

もうちょっと掘り下げてみますが。

まず、全員1年生、ということは、サークルの「先輩」という黒幕がいるはずです。処罰するとすればむしろそっちです。本人達には単なる「通過儀礼」という感覚でしょう。メジャーリーグ1年目の選手が仮装する日があるのと同じ程度の認識です。

あと、自分が学生の時は、宴会となれば(自分は好きではなかったですが)男は脱いでナンボでした。厳密には、会場を提供した人が警察に通報していたら、自分も捕まっていたでしょう。そうならなかったのは、社会の暗黙の了解があったからです。

それから、それよりの前の世代はレベルが違います。学生運動が盛んだった時代は、警官を殴った者もいるそうです。そんな人達に比べれば、上の事件などカワイイものです。

まあ、通報があれば逮捕となるのは仕方ないでしょう。彼等は反省すべきですが、これだけで将来に悪影響があっては気の毒と思います。

Banner_03 よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 退去命令の中国人姉妹に在留特別許可 | トップページ | インフルエンザ、「新型」と「季節性」 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/31774189

この記事へのトラックバック一覧です: 慶大生が全裸で集団疾走:

« 退去命令の中国人姉妹に在留特別許可 | トップページ | インフルエンザ、「新型」と「季節性」 »