« 新型ワクチン、接種は原則1回 | トップページ | 中高生の3割「昼からウトウト」…高1でピーク »

2009年10月20日 (火)

.ワクチン原則1回は拙速

足立信也厚生労働政務官は19日夜、厚労省の意見交換会で新型インフルエンザ用ワクチンの接種回数を原則1回としたのは拙速だったとして、同省内に専門家を集めて議論のやり直しを行った。
 足立政務官は医療従事者の1回接種を容認する意向を示した。一方、妊婦や基礎疾患(持病)を抱える人の接種回数は慎重に判断すべきだと指摘し、結論を先延ばしする考えを示した。

先日自分がこのブログで1回接種に賛成したばかりでしたが、どうも変な横槍が入ったようです。

しかもこの差し迫った時期に方針変更など、馬鹿らしくて呆れます。

今はワクチンが全然足りないのに、2回打っている場合ではないんだ!

何で最優先の医療従事者が1回で妊婦・持病が2回ということになるんだ? こいつは、医療従事者がなぜ最優先なのか分かってないんじゃないか!?

医療従事者が発症したら患者の治療が出来なくなる。だから医療従事者が最優先なんだ。

とりあえず優先順に1回ずつ。余ってきたら2回目でしょう。

厚労省には冷静な決断を求めます。

Banner_03 よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 新型ワクチン、接種は原則1回 | トップページ | 中高生の3割「昼からウトウト」…高1でピーク »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/31859315

この記事へのトラックバック一覧です: .ワクチン原則1回は拙速:

« 新型ワクチン、接種は原則1回 | トップページ | 中高生の3割「昼からウトウト」…高1でピーク »