« 新型インフルエンザに感染疑いでも治療薬投与を | トップページ | 八ッ場ダム中止 公約至上主義には無理がある »

2009年9月20日 (日)

外国人参政権を通常国会に提出へ

民主党の小沢一郎幹事長が19日、李明博(イ・ミョンバク)大統領の実兄で韓日議員連盟の李相得(イ・サンドク)会長(ハンナラ党国会議員)と会談し、永住外国人への地方参政権付与問題について「何とかしなければならない。通常国会で目鼻を付けたい」と述べていたことが分かった。民主党筋が明らかにした。早ければ来年1月召集の通常国会で法案提出を目指す意向を示したとみられる。鳩山由紀夫首相も推進論者として知られるが、民主党内にも反対論が強いため、意見集約は難航しそうだ。この問題は「憲法違反」との指摘もあり、来夏の参院選に向け、大きな争点となる可能性がある。

自分が民主党を支持できない最大の理由です。

これが通ると、この国が日本人の物でなくなります。

来夏の参院選に向け、大きな争点となる可能性がある。

とのことですが、間違っています。

この前の総選挙の争点でした。

そうとも知らずに民主党に投票した人も多かったのではないでしょうか。

ここは、反対派の議員達に、何とか頑張ってもらいたいものです。

Banner_03 よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 新型インフルエンザに感染疑いでも治療薬投与を | トップページ | 八ッ場ダム中止 公約至上主義には無理がある »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

小沢氏はこれを見て、歴史を勉強するべきです。
まあ、しても無駄か、カネの問題でしょうし。
http://www.youtube.com/watch?v=TFWASvmNNss

投稿: かとやん | 2009年9月21日 (月) 00時07分

ありがとうございます。
リンク先を見ました。
大変勉強になりました。
日本は昔から優しすぎましたね。
それが仇となったことを、
我々は学習する必要がありますね。

投稿: プー | 2009年9月21日 (月) 11時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/31450375

この記事へのトラックバック一覧です: 外国人参政権を通常国会に提出へ:

« 新型インフルエンザに感染疑いでも治療薬投与を | トップページ | 八ッ場ダム中止 公約至上主義には無理がある »