« 「介護不要」の新規認定が倍増 新基準認定で | トップページ | インペリアリズム2 超級攻略~導入 »

2009年7月17日 (金)

大雪山系相次ぎ遭難、計10人死亡

痛ましいニュースです。

北海道大雪山系のトムラウシ山と美瑛岳に登った人々が遭難、道警や自衛隊に救出されるも10人が死亡。

事故当時は強風で非常に寒かったとのことです。

http://www.jiji.com/jc/p_archives?id=20090717115613-8235889&rel=y&g=pho

写真を見る限り、残雪が多くて厳しそうです。

改めて山の怖さを思い知りました。

去年あたりも山での遭難が相次いでいて注意が喚起されていたはずですが。

山は好天の時と悪天候の時では様子が極端に変わります。今回の登山の参加者はそれなりに登山経験のある人達ばかりだったようですが、彼等にも想定外の事態だったのでしょう。

自分は学生時代に山スキーもやっていました。山小屋で合宿したことも何度かあります。

スキー板他の重い荷物を担いで、残雪を含む急勾配を苦労して登りました。残雪の上は硬いわ滑るわで、雪上用の靴(自分たちはスキーのブーツ)に履き替えないと登れませんでした。当然通常より疲労度は倍増します。思い出すと血反吐の匂いがしてきますが、若かったから乗り切れたのでしょう。

今回の事故では、雨を伴う強風があったとのことです。これが致命的だったのでしょう。

強風を受けると体感温度が下がります。大まかには風速1m/sにつき1度だそうです。

http://www.eonet.ne.jp/~aijiro/taikan%20ondo.html

最初と最後だけ読んでいただければ十分です。

犠牲者の方々の冥福を祈ります。

登山の際には今まで以上に天候の変化に留意すべきですね。

Banner_03 よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 「介護不要」の新規認定が倍増 新基準認定で | トップページ | インペリアリズム2 超級攻略~導入 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/30580600

この記事へのトラックバック一覧です: 大雪山系相次ぎ遭難、計10人死亡:

« 「介護不要」の新規認定が倍増 新基準認定で | トップページ | インペリアリズム2 超級攻略~導入 »