« 金融庁がFXのレバレッジ制限 | トップページ | 大阪で20代男性が結核で死亡 »

2009年6月23日 (火)

さいたま市立病院で研修医が新型インフルエンザに感染

さいたま市立病院(同市緑区)は22日、臨床研修医の女性(24)が新型インフルエンザに感染したと発表した。海外渡航歴はなく、既に判明している感染者との接触もなかったが、18日夕~19日朝、救急外来の当直を担当した際、簡易検査でA型陽性が出た女性患者を診察していた。村山晃院長は「診察時に感染した可能性がある」と話している。

ついに医療従事者から発症者が出ました。

なあに、かえって免疫力がつく。

医者ないし医療従事者は病原体と頻繁に接触します。何年も仕事しているといつの間にか免疫がついて感染症に強くなります。しかし研修医にはまだそれがありません。ある意味必然と言えるでしょう。むしろ今のうちに感染しておくと秋以降に良いかもしれません。それにしても入院する必要はあったのか

あとは、この研修医から感染した人への対応がどうかということが問題になります。

濃厚接触者に対してタミフルを予防投与したと言いますが、この費用は誰が負担するのだ? ということです。

病院負担なのか、個人持ちなのか、それとも行政が後で補填してくれるのか、はたまた(経緯はよく分かりませんが)発熱外来でなく市立病院に来てしまった女性患者なのか。もしかして電話相談で一般病院へと指示を受けていたとしたら指示した保健所か??

個人的には、このような病気の流行は一般的には防ぎようがないので自己責任でやるしかないと思っています。行政が出してくれれば有り難いですが、総費用がいくらになるかも見当がつかない以上予算も組めないでしょう。

病院負担と言えば聞こえは良いですが、流行期に病院内で大量に感染した人達の入院費用まで含めて全て負担となれば、それによって潰れる病院、或いは診療拒否の病院が多発するでしょう。それは最も避けなくてはならない事態です。

この件の続報に注目です。

Banner_03 よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 金融庁がFXのレバレッジ制限 | トップページ | 大阪で20代男性が結核で死亡 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

「諸君、担当医は、院長命に背き患者の診察を放棄した。受け入れ態勢がないから医療は出来んと言って患者の診察を勝手に断りよった。これが病院か。病院は受け入れ態勢がなくても受け入れをしなければならないのだ。検査キットがない、やれタミフルがない、リレンザがないなどは診察を放棄する理由にならぬ。

(中略)

担当医には応召義務があるということを忘れちゃいかん。病院は公立である。市長が守って下さる…」

以下、訓示は一時間以上も続いたため、当直明け通常勤務後の残業の連続で、抵抗力の落ちている医師がウイルスに罹り、病気で抵抗力の落ちた入院患者および外来患者に伝染する事態となった。

…。
……。
………。

…本当に「牟田口コピペ・インフル版」のような事が起こってしまいましたね。

インフル患者を受け入れるための設備や資材がなくて患者を受け入れられないと「診察拒否だ」とか「医師法違反だ」などとマスコミや医療破壊ブロガー達に叩かれ…。

で、受け入れ態勢が無いのに無理して患者を受け入れて院内感染が起これば「ずさんな安全管理」「問われる医師のモラル」などとマスコミや医療破壊ブロガー達に叩かれ…。

本当、医療従事者の方々が可哀想です。

投稿: 都筑てんが | 2009年6月23日 (火) 20時02分

「諸君、担当医は、院長命に背き患者の診察を放棄した。受け入れ態勢がないから医療は出来んと言って患者の診察を勝手に断りよった。これが病院か。病院は受け入れ態勢がなくても受け入れをしなければならないのだ。検査キットがない、やれタミフルがない、リレンザがないなどは診察を放棄する理由にならぬ。

(中略)

担当医には応召義務があるということを忘れちゃいかん。病院は公立である。市長が守って下さる…」

以下、訓示は一時間以上も続いたため、当直明け通常勤務後の残業の連続で、抵抗力の落ちている医師がウイルスに罹り、病気で抵抗力の落ちた入院患者および外来患者に伝染する事態となった。

…。
……。
………。

…本当に「牟田口コピペ・インフル版」のような事が起こってしまいましたね。

インフル患者を受け入れる設備や資材がなくて患者を受け入れられないと「診察拒否だ」とか「医師法違反だ」などと言われ…。

無理をして受け入れて院内感染が起これば「院内感染」「問われる安全管理」などとマスコミや医療破壊ブロガー達に叩かれ…。

本当、医療従事者の方々が可哀想です。

投稿: 都筑てんが | 2009年6月23日 (火) 20時27分

すいません、二重投稿になってしまいました…。

投稿: 都筑てんが | 2009年6月23日 (火) 20時31分

あと、今回のような感染騒ぎで病棟閉鎖のような事になったら、その分の病院の損失は誰が補填してくれるのでしょうかね…。

資材の供給なし、それでも診ろ、院内感染が起きたら費用はお前らが負担…という事になるなら、罰ゲームですよね…コレ。

投稿: 都筑てんが | 2009年6月23日 (火) 20時31分

コメントありがとうございます。
お返事が遅くなって申し訳ありません。

まさにご指摘の通りのことを危惧しております。

行政が補填してくれるかどうかは現時点では全く分かっておりません。

恐ろしいことです。

投稿: プー | 2009年7月20日 (月) 01時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/30237827

この記事へのトラックバック一覧です: さいたま市立病院で研修医が新型インフルエンザに感染:

« 金融庁がFXのレバレッジ制限 | トップページ | 大阪で20代男性が結核で死亡 »