« 少し太っているくらいが長生き | トップページ | 厚労省、新型インフルエンザ患者は原則自宅療養に方針転換 »

2009年6月15日 (月)

三沢光晴さんの死因は頚髄離断

今朝の日刊スポーツ1面からです。

13日の試合でバックドロップを受けて心肺停止となり亡くなったプロレスラー三沢光晴さんの死因が発表されました。

長年にわたって損傷を受け続けて弱くなった頚椎(首の骨)に今回の衝撃が加わって脱臼を起こし、頚椎内にある頚髄(脊髄神経)が(完全に?)切れてしまったようです。

そうなると中枢からの心臓を動かす指令が途切れてしまうために心停止となります。すぐに心臓マッサージが行われたようですが、三沢さんの分厚い胸を押して心臓を動かすのは困難です。

たとえ万一救命できたとしても三沢さんは指一本動かせず、死ぬまで人工呼吸器に繋がれたままとなります。誰もそんな三沢さんを見たいとは思わないでしょう。

自分はプロレスのことはよく分かりませんが、三沢光晴と言えば強面で緑色の(ロングタイツの)人、と覚えています。調べると、かつて二代目タイガーマスク、プロレス団体「ノア」の社長、大人物だったようです。

最近は興業面の不振に悩んでいたのでしょう。無理しても試合に出なくては、という状況が命を縮めたのかも知れません。

謹んでご冥福をお祈りします。

Banner_03 よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 少し太っているくらいが長生き | トップページ | 厚労省、新型インフルエンザ患者は原則自宅療養に方針転換 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/30115657

この記事へのトラックバック一覧です: 三沢光晴さんの死因は頚髄離断:

« 少し太っているくらいが長生き | トップページ | 厚労省、新型インフルエンザ患者は原則自宅療養に方針転換 »