« 熊本体罰訴訟、原告逆転敗訴、最高裁「教育的指導の範囲内」 | トップページ | 「最後のパレード」出荷停止 »

2009年4月29日 (水)

慰安婦問題でNHK番組改編 「自主自律危うくした」BPO検証委

 旧日本軍のいわゆる「従軍慰安婦」問題を特集したNHKの番組が放送前、政治家の意図を忖度(そんたく)して改編された疑いが持たれた問題で、放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会(川端和治委員長)は28日、「番組制作の幹部が放送前に政治家らと面談し、前後して改編された一連の行為は、NHKの自主自律を危うくし、重大な疑念を抱かせる」とする意見を発表した。

ここで言う政治家とは、安倍晋三氏と中川昭一氏です。番組の放送の前にNHKに両氏から「公正中立な立場で放送するように」と声が掛かったとのことです。これによってNHKは番組を一部改変して放送しました。

問題が全然違います。

政治家の圧力で番組が改編されたのが問題なのではなく、昭和天皇他を弁護人すら存在しない、いい加減な裁判にかけて強姦等で有罪と裁くような非道な番組を放送することが問題なのです。

NHKを含むマスコミは今まで、三権分立と違って誰の掣肘も受けない無敵の権力を誇り、偏向した番組などにより国民を誘導してきました。最近はネットからの玉石混淆だけど情報が得られるようになって我々はようやく目覚めてきました。もう騙されません。

ついでにNHK受信料も不払いしたいところだが・・・

Banner_03 よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 熊本体罰訴訟、原告逆転敗訴、最高裁「教育的指導の範囲内」 | トップページ | 「最後のパレード」出荷停止 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/29353922

この記事へのトラックバック一覧です: 慰安婦問題でNHK番組改編 「自主自律危うくした」BPO検証委:

« 熊本体罰訴訟、原告逆転敗訴、最高裁「教育的指導の範囲内」 | トップページ | 「最後のパレード」出荷停止 »