« 基礎代謝 | トップページ | 済州島を買っちまえ発言 »

2009年3月11日 (水)

W杯ジャンプ、岡部孝信が優勝

日本人、頑張っています。

ノルディックスキーワールドカップ第23戦で、現役最年長38歳4ヶ月の岡部孝信が11季ぶり5度目の優勝。

そうか、前の優勝は長野五輪より前だったのかと驚きですが、一番驚いているのは本人かもしれません。

従来の最年長優勝は葛西選手の31歳7ヶ月。年齢の不利が如実に表れる競技での大幅な記録更新ですので、非常に大きな意味があると思います。

岡部選手と言えば、やはり印象深いのは長野五輪ジャンプ団体です。原田選手の失敗ジャンプ(条件は相当悪かったようですが)で意気消沈した日本チームを救う大ジャンプを見せてくれました。全選手中2位の得点です(岡部選手は4人のうち1番手。後の選手ほどスタート位置が低くて得点が出にくい設定というのはありますが)。岡部選手無くして日本の優勝は無かったと言えます。

それから10年余り。長く日本のジャンプを支え続けたご褒美のような優勝かもしれません。自分としても祝福と感謝の意を表すとともに、自分も頑張らなくては、という気持ちになるニュースでした。

Banner_03 よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 基礎代謝 | トップページ | 済州島を買っちまえ発言 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/28569574

この記事へのトラックバック一覧です: W杯ジャンプ、岡部孝信が優勝:

« 基礎代謝 | トップページ | 済州島を買っちまえ発言 »