« 原監督おめでとう | トップページ | イチローと一郎の違いのガイドライン »

2009年3月25日 (水)

「たまゆら」火災について、もう少し

火災後の「静養ホームたまゆら」を視察した厚労省の課長補佐のコメント。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090322-00000060-mai-soci

「民間による高齢者支援は推進したい。改めて都道府県に実態把握してほしい」と述べ、規制強化などには慎重な姿勢を示した。

もっともなことだと思います。低コストで引き受けてくれる施設が無くなれば大勢の高齢者が野垂れ死ぬことになりますから。

今回の件を教訓に、コスト的に無理のない範囲で火災予防の設備を整えるのは必要なことでしょう。

しかし最終的には運営に関わる人間の問題。運営に関わるのはスタッフだけでなく入居者もです。悪質な入居者がいればスタッフが如何に頑張ってもトラブルは不可避です。

今回の「寝たばこ」は典型的な例でしょう。

施設は禁煙だったそうですが、吸っている人は居たそうです。彼らはきっと言い放ったはずです。

タバコを吸えないなら死んだ方がマシだ!

これ究極の魔法の呪文です。これで大抵の我が侭が通ります。

運営側は「じゃあ死ねば」と言えないのが辛いところです。責任上、放り出すわけにも行かず、結局喫煙を黙認、そうなればエスカレートして寝たばこは当然の帰結です。

本件は、管理者の責任というには気の毒です。救いがたい人を救おうとしたばっかりに多数の人が死亡などの被害を受けたものです。本人は全くの自業自得ですが。

世の中が、「救いがたい人は救わなくても良い」という考え方にならないと、防げない不幸な事例でしょう。

Banner_03_3 よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 原監督おめでとう | トップページ | イチローと一郎の違いのガイドライン »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/28797913

この記事へのトラックバック一覧です: 「たまゆら」火災について、もう少し:

» スーパーシガレット通販〜さんまの禁煙? [スーパーシガレット]
さんまのまんまで紹介された禁煙グッズ!これで、禁煙、減煙して、節約・健康!! [続きを読む]

受信: 2009年3月25日 (水) 18時10分

« 原監督おめでとう | トップページ | イチローと一郎の違いのガイドライン »