« 2009年1月東京ディズニーランドの混雑実績 | トップページ | TDRは絶好調 »

2009年2月 4日 (水)

14病院で16回拒否、交通事故で重傷の69歳死亡

兵庫県伊丹市で1月20日、交通事故により重傷を負った男性(69)が救急搬送の際、14病院に受け入れを断られ、約3時間後に出血性ショックで死亡していたとのことです。

受け入れ先病院がなかなか決まらなかったが、1時間後に民間病院に搬送、しかし容態が急変、転院を要請するも難航。受け入れ可能となるも搬送できないほど容態悪化し、死亡。

不幸な事例ですが、救命は難しかったでしょう。「一見軽症そう」だったようで、腹部臓器の損傷・出血があったのではないかと思います。

交通事故ではどこに損傷があるか分かりません。万全の対応を期するには、上から脳外科、整形外科、呼吸器外科、心臓血管外科、消化器外科、泌尿器科、そして麻酔科医と揃った病院で対応しなければなりませんが、これらが全てスタンバイ、という病院など現実には無いでしょう。

セカンドベストとしては、「それなりの」病院がまず引き受けて、全身CTなどしてどこを治療すべきか当たりを付けて、治療可能な病院に搬送する、といったところでしょう。

しかし、最近の裁判の判例を見るに、加古川心筋梗塞訴訟や奈良救急心タンポナーデ訴訟などの判決を考えると、「治療できないのに引き受けた」、「迅速に転送していれば救命できた」ということで裁判に負けそうです。

残念ながら、今の医療事情では救命できなくても仕方なかったでしょう。

あと一つ気がついたことが。

「たらい回し」という言葉が使われていない。

ソースにもありますが、他のメディアも使っていません。

マスコミも少しは学習したのだろうか?

Banner_03 よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 2009年1月東京ディズニーランドの混雑実績 | トップページ | TDRは絶好調 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

「たらい回し」という言葉はあまり使われなくなりましたが、それでも「拒否した病院は患者を捨てた」とか書いてるマスコミとかありますからね…。毎日とか毎日とか毎日とか。

いつになったら「受け入れ不能」と書いてもらえるのやら…。

投稿: 都筑てんが | 2009年2月 9日 (月) 12時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/27773375

この記事へのトラックバック一覧です: 14病院で16回拒否、交通事故で重傷の69歳死亡:

» 14病院で16回拒否、交通事故で重傷の69歳死亡 [救急救命士たちの待機室-パラメディック119ブログ-]
14病院で16回拒否、交通事故で重症の69歳死亡 兵庫県伊丹市内で1月20日、交通事故で重傷を負った男性(69)が救急搬送の際、3次救急病院を含む14病院に受け入れを断られ、事故から約3時間後に出血性ショックで死亡していたことがわかった。 市消防局などによると、20日午後10時15分頃、同市行基町の県道を自転車で横断していた近くの駐輪場誘導員の男性が、同市内の自営業男性(28)のバイクと衝突、2人とも全身を強く打ち重傷を負った。 5分後に救急車が現場に到着。「1人なら受け入れ可能」とした同県西宮市の... [続きを読む]

受信: 2009年2月 5日 (木) 15時49分

« 2009年1月東京ディズニーランドの混雑実績 | トップページ | TDRは絶好調 »