« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009年2月27日 (金)

世界ノルディック 複合団体 日本が金メダル

何気に凄いニュースだと思います。

ノルディック複合はスキージャンプとクロスカントリースキーの合計で争われる競技です。団体は4人で競います。日本は92-95年に荻原健司選手達の活躍で4連覇しましたが、日本叩きのルール改正などで長らく低迷しました。

荻原選手達の時代はジャンプで他を圧倒してクロスカントリーで逃げ切るという戦い方でしたが、最近はクロスカントリーに強くなってジャンプの劣勢を跳ね返す戦い方をしているようです。

今回は僅差の勝利。記録は分かりませんが、写真を見るに2位のドイツとは1秒も違わなかったでしょう。ドイツの選手が無理に左足を伸ばしている写真があるので、もしかしたら0.1秒くらいの差かもしれません。

http://mainichi.jp/enta/sports/graph/2009/0227/6.html 日本の選手の陰でよく見えませんが、あれはそういう姿勢です。

運の要素も強い競技です。ジャンプなら風、クロスカントリーならワックス、今回はこれらに恵まれたのでしょう。それにしても以前なら恵まれても勝負にならなかったわけで、少なくとも「運が良ければ勝てる」レベルまで上げてきたのは、とても嬉しいことです。

「お家芸」復活なるか。今後の活躍にも期待したいところです。

かくいう自分、大学時代にクロスカントリースキーをやり、複数の人に荻原健司に似ていると言われたことがあるのも今は昔、見る影もないほど太ってしまっていますが、これを励みに(?)頑張っていきたいと思います。

Banner_03 よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月26日 (木)

減量はカロリー次第

米国立衛生研究所の実験結果。体重の減少は摂取カロリー次第で、炭水化物と脂肪の比率は無関係。

ただし食物繊維は多めで動脈硬化の原因となる飽和脂肪酸は少なめだそうです。

2年間の追跡調査の結果、減量効果は純粋にカロリー摂取量と消費量の差に左右されたとのことです。

まあ、当然というか、「ダイエットに王道はない」ということでしょうね。

自分もスポーツジムに通い始めたので徐々に成果が出るのに期待したいと思います・・・・・・食べるのは簡単には減らせないんですよね・・・・・・

まあ、得られた情報もあるので、追って載せていきたいと思います。

Banner_03 よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月24日 (火)

厚生年金 給付水準50%可能 !?

厚生労働省は公的年金の財政検証結果を示した。

検証のモデル世帯は、夫が平均収入手取り月358,000円、妻は専業主婦。これに出生率や賃金上昇率等を変化させて将来の給付水準を試算。

このうち、「合計特殊出生率1.26」、「賃金上昇率2.5%」、「積立金の運用利回り4.1%」などを条件とした「基本ケース」で、現役世代の50%以上が確保できるという。

・・・って、どこの地上の楽園ですか!?

50%以上は絶対無理、と言っているようなものです。それとも、インフレ起こしますか!?

一番の問題は、高齢者が増えすぎたことでしょう。

戦後この国の経済・医療・公衆衛生などが飛躍的に発達し、歳を取っても皆なかなか死なないようになってきました。その結果、高齢者が飛躍的に増えて年金財政が破綻することになります。

自分の持論ですが、「福祉は子泣き爺」です。

かわいそうだと助け上げればどんどん重くなり最後には押し潰されてしまうのです。

その点で、よく言われる「予算は土建から福祉に回せ」論は正論に思えますが自分は間違っていると考えています。

年金財政が破綻しないためには、高齢者に沢山退場していただく必要があります。無難には年齢に従って医療を制限することでしょう。

ですが現実には高齢者の人権・投票権、製薬会社の利益などなど、民主的にはとても実現しそうにありません。

「何か」ないと、年金破綻は避けられないでしょうね。

Banner_03 よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年2月20日 (金)

糖尿病の診断基準が変わるらしい

糖尿病の診断基準にHbA1C(ヘモグロビンエーワンシー)が導入されそうです。

「血糖値」だけでは変動が大きすぎて診断が難しいからです。

現在の診断基準は、99年に策定された。空腹時血糖値が血液1デシリットルあたり126ミリグラム以上または食後血糖値(ブドウ糖負荷後2時間血糖値)が同200ミリグラム以上の場合、糖尿病と診断される。

血糖値だけで診断する場合、上記結果が2度出れば糖尿病と自分は教わりました。

他にも、

・糖尿病の典型的症状(口渇、多飲、多尿、体重減少)

・HbA1Cが6.5%以上

・糖尿病網膜症が存在する

ならば1度の受診で糖尿病であるという基準もあります。

おそらく、現行の「HbA1Cが6.5%以上」という基準がより厳しくなるのではないかと思います。最近は食後高血糖が心筋梗塞などの危険性を高めることが分かり、それこそ5.8%ですら正常とは言えないという流れになってきています。

ただ、個人的には、正常と糖尿病の境界領域にある人に「糖尿病かそうでないか」はあまり意味のないことと考えています。

なぜなら、糖尿病は食事や運動などの生活でかなり変動するからです。

糖尿病がとても悪くてインスリン自己注射を導入した人でも生活療法をしっかり行うことでインスリンどころか内服すら不要になる人も少なくありません。

中には1型糖尿病やそれに近い体質の人もいて、必ずしも生活習慣病とは言い切れない部分もありますが、そんな人でも生活療法は大切です。

健診で糖尿病と診断された人でも、これを不幸と思わずに、むしろ早期発見・早期治療が出来て良かったと考えて生活療法他しっかり治療し、元気に長生きできるように前向きに取り組んでいただけたらと思います。

Banner_03 よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月19日 (木)

バケーションパッケージ4-6月分発売

本日11時に発売となりました。

http://www.tokyodisneyresort.co.jp/vm/index.html

当初はアクセスが殺到して自分は入れませんでした。3ヶ月後まで予約可能なので、ゴールデンウィーク分が一遍に解放されたわけです。混雑も当然です。

現在20時頃。何とかアクセスできましたが、ゴールデンウィークのプランは殆ど埋まっていました。

遠くから連休を利用して行く場合、混雑の中でも何とか多く楽しみたいものです。それなりのお金を払えばそれが可能となれば払う人は少なくないということでしょう。

勿論東京ディズニーリゾートの収益確保策でもあるわけですが・・・お金持ちを優遇して多くお金を落として貰おうという・・・バケーションパッケージの融通の利かなさは登場当初から全く変わっていませんが、それでもお金持ちならきっと買ってくれると考えているのでしょう。

Banner_03 よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月16日 (月)

GDP成長率、戦後最悪が確実に

内閣府発表の2008年10-12月のGDP成長率は実質で前期比年率-12.7%。戦後最悪の減少率となるという。

どうやら100年に1度というのは誇大な表現ではないようで。

しかも欧米主要国と比べても落ち込みが激しいという。輸出頼みだったのがお得意さんの米国が転けたために大崩れしています。

あとは内需ですが、この国の国民は貯蓄好き。不安だからとみんな貯蓄したら余計にお金が回らなくなって不況は悪化。合成の誤謬というやつですが深刻です。

もうこうなったらバラマキでも良いから給付金を早く支給して欲しいです。もっと有効な使い方を、という意見も多いですが、単年度2兆円で長期的な投資もないものだと思います。少なくとも医療や介護のようなある種後ろ向きなことには使って欲しくないです。この業界人が言うのも何ですが。

まあ、FXで勝ったらディズニーで散財します。幸か不幸かこの点では当分税金を払わなくて良いですので。

Banner_03 よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月14日 (土)

カルデロン一家、国外退去

不法滞在で国外退去処分が確定したため在留特別許可を求めていた埼玉県蕨市のフィリピン人、カルデロン夫妻と長女に対し、法務省は長女しか在留を許可しないと決定した。

夫妻はそれぞれ1992、1993年に他人名義の旅券で入国し、2006年に一家での強制退去を命じられていた。

ネットで検索すると、色々情報がありますね。自分で裏の取れない情報は置いておくとして・・・

まあ、気の毒ですが仕方ないでしょう。こういう事例で在留を許可していたら次から次へと不法滞在者が増えてこの国の治安が大きく悪化するでしょうから。

森法相の、

様々な事情を総合的に勘案して

は、この事を念頭に置いているのだと思います。

むしろ今まで日本に居られるようにした入管の温情がいけなかったんでしょうね。犯罪者として厳正に対処していれば、この国に甘い希望を抱いて来る人もいなくなるわけですから。

Banner_03 よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年2月13日 (金)

J-REITが低迷

http://sankei.jp.msn.com/economy/finance/090208/fnc0902080128000-n1.htm

8日のニュースです。

細かいことはよく分かりませんが、とにかく売られすぎだそうです。しかし反発がないと。

こんなニュースが出た後では買いが入るかな、と思ってチェックしてみましたが、今のところ反発の気配はありません。むしろマイです。

きっと後で振り返れば投資の絶好のチャンスだと言える時期なのでしょうが、底が見えないうちは中々おいそれとは投入できません。

それでも、捨てた気になって少し投資してみようかなとも思っています。景気が回復すれば基準価額としても3~4倍ですから。

Banner_03_2 よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年2月 9日 (月)

花粉症

最近何となく目や鼻がムズムズします。

もう既に花粉は飛び始めているようですね。

http://www.kyowa-kirin.co.jp/kahun/

本当は飛散の2週間前から抗アレルギー薬を内服し始めた方が良いのだとか。そうは言っても症状が出ないうちに内服を始めたくないのが人情ですが。

経験的には、内服と共に生活療法も重要かと。

悪いのは酒ですね。花粉症の時期は宴会と重なります。変換して「円買い」が最初に出てドキッとしました。こっちもあると思います。アルコールの血管拡張作用は花粉症(ヒスタミン遊離による血管拡張が病態)を増強します。宴会の翌朝は辛いことが多いです。これにはいくら強力な薬を飲んでも効果がありません。

油ものも悪いようです。マ○クで食べた後は症状が強い気がします。逆に、

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8D%E9%A3%BD%E5%92%8C%E8%84%82%E8%82%AA%E9%85%B8

魚は良いようです。

ともかくも内服と健康的な生活を。それでも辛い季節です。

Banner_03 よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年2月 7日 (土)

丑年だけに

この前突入してきましたが、学生と外国人が多くて思うように楽しめませんでした。

その中で観た、ワンマンズ・ドリームII。下の子にチョット怖いシーンに慣れさせる目的で観ましたが、マレフィセント他を怖がりませんでした。今度行くときはホンテデビューかな?

気がついたのが、クララベル。前はいなかったキャラです。丑年だけに今年限定で登場したものと思われます。

Rimg0069 正面を撮れなくてごめんなさい

油断していると見過ごされそうなくらいの変化を捉えるのが通の楽しみ方かもしれませんが、「えっ!?」と思って慌ててカメラを用意するも泥縄、という自分は、やっぱりまだまだです。

Banner_03 よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 6日 (金)

TDRは絶好調

オリエンタルランド社発表の今年度の売上見込みを3,852億円、入園者数は2,710万人、最終利益は208億円と上方修正。ともに過去最高。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090205-00000024-fsi-ind

余裕のある人はOLCのホームページも。

http://www.olc.co.jp/news/news.cgi?list

25周年イベントでの集客が最も大きいですが、ダッフィーも大人気(当家も1頭買っています)でした。

ランドホテルとシルクドソレイユの開業は、今のところは増収減益です。

昨今の不景気の影響ですが、円高での外国人の減少を国内勢でカバーしたとのこと。今までなら海外旅行していた人達がここに集まったでしょう。

ところで最近好調な企業は他にユニクロとマクドナルド。どちらも安いために買う人が増えて売上を伸ばしました。ディズニーが同じ流れというのは少々寂しい気もします。

また、

>同社は「毎回、新しい楽しみがあることが支持されている」と分析する。

とのこと。そうなると、25周年イベントが終わった後が心配です。差し当たってランドでは新アトラクションのモンスターズインクがオープンしますが、季節毎のイベントを今後如何に充実させるかというのが鍵になりそうです。

Banner_03 よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 4日 (水)

14病院で16回拒否、交通事故で重傷の69歳死亡

兵庫県伊丹市で1月20日、交通事故により重傷を負った男性(69)が救急搬送の際、14病院に受け入れを断られ、約3時間後に出血性ショックで死亡していたとのことです。

受け入れ先病院がなかなか決まらなかったが、1時間後に民間病院に搬送、しかし容態が急変、転院を要請するも難航。受け入れ可能となるも搬送できないほど容態悪化し、死亡。

不幸な事例ですが、救命は難しかったでしょう。「一見軽症そう」だったようで、腹部臓器の損傷・出血があったのではないかと思います。

交通事故ではどこに損傷があるか分かりません。万全の対応を期するには、上から脳外科、整形外科、呼吸器外科、心臓血管外科、消化器外科、泌尿器科、そして麻酔科医と揃った病院で対応しなければなりませんが、これらが全てスタンバイ、という病院など現実には無いでしょう。

セカンドベストとしては、「それなりの」病院がまず引き受けて、全身CTなどしてどこを治療すべきか当たりを付けて、治療可能な病院に搬送する、といったところでしょう。

しかし、最近の裁判の判例を見るに、加古川心筋梗塞訴訟や奈良救急心タンポナーデ訴訟などの判決を考えると、「治療できないのに引き受けた」、「迅速に転送していれば救命できた」ということで裁判に負けそうです。

残念ながら、今の医療事情では救命できなくても仕方なかったでしょう。

あと一つ気がついたことが。

「たらい回し」という言葉が使われていない。

ソースにもありますが、他のメディアも使っていません。

マスコミも少しは学習したのだろうか?

Banner_03 よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2009年2月 3日 (火)

2009年1月東京ディズニーランドの混雑実績

実は1月27日にはインパしていました。火曜日なのに混んでいる、と思ったら、都立高校推薦入試でした。抜かった・・・

一方、成人式は予想通り大して混んでいませんでした。行ける人は狙い目でしょうね。なんて言ってると、2,3年後にはみんなが成人式の日に行くようになって驚くほど混む、なんてことになりかねませんが。

あと、最近は風の強い日が多いですね。そのためにショーが中止になると悲しいです。

200901tdlresult

Banner_03 よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年2月 2日 (月)

メタボ系ランナー

最近運動しています。多いのが夜のジョギング。

夜は物騒ですが、幹線道路の広い歩道を走るので、身の危険を感じずにやれています。

とは言え、夜なので目立つ格好が必要です。

自分のウィンドブレーカーは色が濃いので目立ちません。

娘に言われて付けてみました。

Rimg0040

背中のものを拡大すると、

Snow

クリスマスの時に買ったスノーマウスですが、何となく役に立っています。

Banner_03  よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 1日 (日)

2009年1月東京ディズニーシーの混雑実績

1月のシーは閑散としています。ランドはこの時期中国の旧正月とかキャンパスデーとか受験シーズンでそこそこ混みますが、そういう人達はシーの方にはあまり行きません。絶叫系の好きな人はこちらがお勧めでした。

しかしその中で、この時期のショー、ミッキーのドリームカンパニーだけは混むようです。これが目的の人は気合いを入れて待ちましょう。

2月からは徐々に混み出します。行きたい人はお早めに。

200901tdsresult

Banner_03 よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »