« 糖尿病の診断基準が変わるらしい | トップページ | 減量はカロリー次第 »

2009年2月24日 (火)

厚生年金 給付水準50%可能 !?

厚生労働省は公的年金の財政検証結果を示した。

検証のモデル世帯は、夫が平均収入手取り月358,000円、妻は専業主婦。これに出生率や賃金上昇率等を変化させて将来の給付水準を試算。

このうち、「合計特殊出生率1.26」、「賃金上昇率2.5%」、「積立金の運用利回り4.1%」などを条件とした「基本ケース」で、現役世代の50%以上が確保できるという。

・・・って、どこの地上の楽園ですか!?

50%以上は絶対無理、と言っているようなものです。それとも、インフレ起こしますか!?

一番の問題は、高齢者が増えすぎたことでしょう。

戦後この国の経済・医療・公衆衛生などが飛躍的に発達し、歳を取っても皆なかなか死なないようになってきました。その結果、高齢者が飛躍的に増えて年金財政が破綻することになります。

自分の持論ですが、「福祉は子泣き爺」です。

かわいそうだと助け上げればどんどん重くなり最後には押し潰されてしまうのです。

その点で、よく言われる「予算は土建から福祉に回せ」論は正論に思えますが自分は間違っていると考えています。

年金財政が破綻しないためには、高齢者に沢山退場していただく必要があります。無難には年齢に従って医療を制限することでしょう。

ですが現実には高齢者の人権・投票権、製薬会社の利益などなど、民主的にはとても実現しそうにありません。

「何か」ないと、年金破綻は避けられないでしょうね。

Banner_03 よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 糖尿病の診断基準が変わるらしい | トップページ | 減量はカロリー次第 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

ご意見に同感です。
以前、江沢民主席は村山富市と言うおっさんに
「日本は最も成功した社会主義国家です」と言われたそうですが、海外から見ると本当に日本って社会主義国家なんですよね。そろそろ、羊の群れから「狼」が出現しませんかね(笑)。
年金に関して、私も意見を出していますので、宜しかったらご覧になってください。

投稿: 気弱な地上げ屋 | 2009年2月24日 (火) 18時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/28333275

この記事へのトラックバック一覧です: 厚生年金 給付水準50%可能 !?:

« 糖尿病の診断基準が変わるらしい | トップページ | 減量はカロリー次第 »