« 東京ディズニーランド2009年3月の混雑予想 | トップページ | 2008年8月東京ディズニーシーの混雑実績 »

2008年8月29日 (金)

大野病院事件、検察が控訴を断念

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080829-00000112-jij-soci

福島県立大野病院で2004年、帝王切開手術を受けた女性=当時(29)=が大量出血して死亡した事故で、業務上過失致死と医師法違反の罪に問われた執刀医加藤克彦被告(40)を無罪とした福島地裁判決について、福島地検は29日、控訴を断念すると発表した。同被告の無罪が確定する。 

順当な結果でしょう。

検察としては、新しい証拠が見つからない限り控訴しても加藤医師の医療行為の誤りを証明できないので。

それにしても長い闘いでした。原告被告共に全力を尽くして闘って、結局誰も幸せになっていません。ベトナム戦争後のような状況です。

しかし裁判なんてそんなものです。

「真実を知るために裁判」とか言われますが、裁判になったら真実など到底出てきません。被告側にも基本的人権として黙秘権があるからです。

きっと加藤医師にも、後からゆっくり考えて、「あの時ああしておけば良かった」というものはあるはずです。しかし、それを口に出してしまえば、「やっぱりミスじゃないか」と有罪にされる決まっています。

後からしっかり検証することと、後出しじゃんけんは似て非なるものです。

裁判で有罪となるかどうかは、標準的な医療を行ったかどうかで判断すべきです。「ブラックジャック(くらいの名医)だったら助けられた」と断罪されては、この国からブラックジャック以下の医師はいなくなってしまいます。そういう意味で、今回の判決は順当でした。

本当は悪意がない時点で刑事事件とする方がおかしいのですが。

次に同じような状況がどこかで起こったときに救命できるように、真実を全て公開して多人数で検討して皆の知恵にすることこそ我々の行うべき事です。それには、悪意がない限り刑事免責が大前提です。そうでなければ真実など出てきません。

亡くなった方は気の毒ですが、再びこのような悲劇が起こらないようにしっかり検証してこそ、この方も浮かばれるというものではないでしょうか。

Banner_03 よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 東京ディズニーランド2009年3月の混雑予想 | トップページ | 2008年8月東京ディズニーシーの混雑実績 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/23333972

この記事へのトラックバック一覧です: 大野病院事件、検察が控訴を断念:

» メタボ診断の対策 [よーし!日記]
メタボ診断がはじまり、気になっている方も多いのではないでしょうか。メタボの対応策において、まずやってみるべきなのは・・・ [続きを読む]

受信: 2008年8月30日 (土) 21時16分

« 東京ディズニーランド2009年3月の混雑予想 | トップページ | 2008年8月東京ディズニーシーの混雑実績 »