« 劉翔墜地 | トップページ | 2009年3月東京ディズニーシー混雑予想 »

2008年8月20日 (水)

メタボ診断基準が変更

本日、大野病院事件の判決。無罪。妥当な判決と思います。これについては真の専門家が詳しく発信してくれると思いますので、自分は言及を避けます。

自分の専門分野ですが、メタボリックシンドロームの診断基準が国際的に統一されますが、日本では今まで「腹囲」が必須でしたが、これが必須ではなくなります。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080820-00000017-mai-soci

日本では、肥満ではない生活習慣病患者も多く、腹囲を必須にした場合、「見落とし」を懸念する声が出ていた。

ポイントはこれなんですね。

メタボリックシンドロームというのは、本来は、内臓脂肪型肥満がインスリン抵抗性を引き起こし、それによって糖尿病、高脂血症、高血圧などの生活習慣病を複合して発症し、結果としてこれらの病気を単発で起こした場合よりも脳卒中や心筋梗塞の発症率が飛躍的に上昇する、というものです。

それはそれで正しいし大事なことなのですが、日本人には、この内臓脂肪型肥満によらない高血圧・糖尿病・高脂血症の人が結構多いのです。

意外と痩せているのに高血圧・糖尿病・高脂血症の人が多い、ということです。

日本人の人種的特性として、欧米人に比べてインスリン分泌能が低めです。また、塩分摂取量も多めで、塩分を体内に保持する能力も高めです。

メタボは大事だけど、それだけを強調していると、メタボと無関係の生活習慣病を見落とすおそれがあることに注意しなくてはいけません。

まあ、3月6日に自分が指摘していたように、そもそも導入時点から疑問で、今更感がありますが。ともあれ一歩前進。

自分は正にメタボの方なのですが・・・恐縮です。

最近の内科学会のトピックは、レニン・アンジオテンシン系です。こちらの角度から生活習慣病に切り込んで行く流れかも知れません。

8/25追記

しかしこの国際基準に日本は参加しないそうです。我々の徒労感は増すばかりです。

http://mainichi.jp/select/opinion/closeup/news/20080820ddm003040097000c.html

Banner_03_3 よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 劉翔墜地 | トップページ | 2009年3月東京ディズニーシー混雑予想 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/23111970

この記事へのトラックバック一覧です: メタボ診断基準が変更:

» ドラマ、音楽、健康、美容、鐔種舟鐔姒��鐓�鐓�鐔醐��を中心なサイト [最速情報ライン]
売れる、儲かる、稼げる商材がザクザクあります。   健康、美容、フィットネス、音楽、映画、アウトレット、教育等 [続きを読む]

受信: 2008年8月20日 (水) 17時52分

» メタボリックの自己診断 [メタボリックシンドローム 予防情報局]
メタボリックシンドロームの自己診断項目は、①食べ物に、砂糖をよく使う。②味付けは、濃い目が好き。③間食は、欠かさない方だ。④スナック菓子が好きで、よく食べる。⑤アイスクリームをよく食べる。⑥緑黄色野菜は、あまり食べない。⑦お酒は、よく飲む。⑧日頃運動の...... [続きを読む]

受信: 2008年9月 6日 (土) 19時44分

« 劉翔墜地 | トップページ | 2009年3月東京ディズニーシー混雑予想 »