« 東京ディズニーシー2008年7月の混雑実績 | トップページ | 劉翔墜地 »

2008年8月16日 (土)

大した嵐ではなかった

今週は一波乱程度でした。東京金融取引所におけるNZD/JPYの買い建て玉は、8/14時点で155,562枚とのことです。昨日の値動きでまさか買い建て玉が減ったとは思えません。去年のような大嵐は起こらなかったと言えます。

今週は8/13に去年8月の安値を少し更新しただけで終わりました。この日の出来高が10万枚ですから、投機筋が仕掛けたのかも知れません。しかし恐慌の投げ売りは起こりませんでした。この1年で個人投資家も賢くなったのでしょうか。それとも、まだ第2波が来週か再来週に待ち受けているのでしょうか。

自分の現時点では、ユーロショートで利益を出した反面で、戻り売りのつもりで張ったNZD/JPYのS1枚が鬼っ子になっています。これをどうするか。

市場のセンチメントは最後まで好景気を維持した欧州にも翳りが出始めて悪化してきていると思われます。当分は円高に備えて切らずに持っておきたいと思います。円安になるようなら元々持っているポジが良化するので良しとします。

Banner_03 よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 東京ディズニーシー2008年7月の混雑実績 | トップページ | 劉翔墜地 »

為替」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/23021024

この記事へのトラックバック一覧です: 大した嵐ではなかった:

« 東京ディズニーシー2008年7月の混雑実績 | トップページ | 劉翔墜地 »