« 東京ディズニーシー2008年6月の混雑予想と実績 | トップページ | 東京ディズニーシー2009年1月の混雑予想 »

2008年7月 5日 (土)

ヘッドライントレードは当分捨てで

3日夜の米雇用統計とECBトリシェ総裁記者会見では大敗しました。

21:30頃にはスプレッドがUSD/JPYで30銭、EUR/JPYで50銭くらいでしょうか? 一瞬のことではっきり覚えていませんがとにかく鬼のように開きました。

指標を狙って仕手筋が動いたのでしょう。自分は見事に狩られてしまいました。最近奴等は動かない指標でも無理矢理揺さぶって来ているように感じます。

こうなると、当分ヘッドライントレードは出来ませんね。羊飼い様のブログでは「外為オンライン」でスプレッド1銭固定という記事が紹介されていました。やるならこちらで、となるでしょう。

しかし自分は税金が20%固定ということと損失を3年間持ち越せるという点でくりっく365を捨てることが出来ません。

そうすると、これからの戦略は?

指標前にポジる。

敵が指標時に必ず揺さぶってくるなら、指標前にポジって15銭くらいのリミットを張っておけば必ず勝てることになります。

これから検証していきたいと思います。

Banner_03 よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 東京ディズニーシー2008年6月の混雑予想と実績 | トップページ | 東京ディズニーシー2009年1月の混雑予想 »

為替」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/22087781

この記事へのトラックバック一覧です: ヘッドライントレードは当分捨てで:

« 東京ディズニーシー2008年6月の混雑予想と実績 | トップページ | 東京ディズニーシー2009年1月の混雑予想 »