« 久しぶりに嵐の週末? | トップページ | ディズニーランド専用入り口 »

2008年6月21日 (土)

負けを今後に繋げる

一昨日のカナダ消費者物価指数では、大損こきました。

スプレッドが大きく開くのはいつものことですが、時間直前に一瞬CAD安に動きました。そして指標後に大きくCAD高へ。

おかげでCADショートが約定し、大損こきました。10万くらい。orz

取引量の少ないところで、仕手筋に上手に振り回されてしまったようです。

負けたものはしょうがないので、反省です。

・マイナー通貨はヘッドライントレードに向かない。

・そもそもヘッドライントレードって勝てるのかよ?

ちょっとエクセルで検証してみました。

ヘッドライントレードを動いた方に張ると定義。動く前の値を0としたときに、エントリーとリミットとストップを何銭のところに置くのが良いかです。手数料はユニマットの片道210円としています。動いた後の値が何銭動いた場合にいくらの損得があるかとその期待値を算出しています。

「hl.xls」をダウンロード

結果ですが、当然ですが値動きが大きいほど利益が出ます。エントリーしたのにリミットに達しなかった場合が大損です。また、ストップは浅ければ浅いほど良いです。しかしエントリー値=ストップとするわけにもいきません。

それにしても、10枚張って期待値が64円なんて悲しくなります。

しかもこれは、滑らないことが大前提です。

CADみたいなマイナー通貨では、滑ることが日常茶飯事。期待値から見たら1銭滑っただけで大損です。

結論ですが、

・ヘッドライントレードは、極力メジャー通貨で。マイナー通貨でやるなら深く指すこと。

となるでしょうか。

今度、指標前に少しロングしてみます。当たれば指標後のエントリーより1枚当たりの利は大きくなりますし、外れた場合でも「時間」が解決してくれるかも知れません。

家族の誕生日やクリスマスにミラコスタに泊まれるように頑張りたいと思います。

Banner_03 よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 久しぶりに嵐の週末? | トップページ | ディズニーランド専用入り口 »

為替」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/21787256

この記事へのトラックバック一覧です: 負けを今後に繋げる:

« 久しぶりに嵐の週末? | トップページ | ディズニーランド専用入り口 »