« 2008年1月の予想と実績 | トップページ | 慌てる乞食は »

2008年2月 1日 (金)

神経質な展開

昨夜はNZDで張っていたら、見事にヒットしました。NZD/JPY L2枚@82.60→83.70。このような動きのある相場は美味しいです。しかしそれも、「当面の底は打った」という確信があるからこそです。逆に、再び底を抜けることがあれば、一気に糞ポジと化す危険性も孕んでいます。

ここ数日、うまくいきすぎているのですが、そろそろ通用しなくなるのではないかと思います。そこで今夜は米雇用統計です。一昨日のFOMCですら相場のトレンドは作られなかったのですが、今夜には相場の方向性が立ってくるのではないでしょうか。

軽く押し目買いを指しておく一方で、指標の結果について行こうと思います。

Banner_03 応援クリックいただけると幸いです。

|

« 2008年1月の予想と実績 | トップページ | 慌てる乞食は »

為替」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/10190138

この記事へのトラックバック一覧です: 神経質な展開:

« 2008年1月の予想と実績 | トップページ | 慌てる乞食は »